群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学研究科博士後期課程 / 看護学領域

多職種と連携する保健医療福祉活動において自らの専門性を発揮するとともに、多職種間のマネジメント、調整、相談、教育に能力を発揮し、協同的研究に参画できる高度看護専門職を養成する。

 看護学領域の特色は、看護学のKey Conceptsである「人間」「生活」「環 境」「健康」「看護」を中核におき、個人・家族・集団・地域を対象に、健康 の維持増進、疾病とともに生きる力、健康生活障害からの回復、個人・家 族・集団のエンパワメントや組織力を高める課題を取り上げ、看護活動の成果を示すことである。また、現代社会は、慢性病(生活習慣病を含む)・ がん罹患者や認知症者の増加、少子高齢社会、ストレス関連疾患の増大、 在宅療養の増加、医療の高度化・多様化、グローバリゼーションの加速、 ICT の進歩がある。それゆえ看護学領域の使命は、ストレス緩和と健康生 活の維持のためセルフケア能力を高める支援、疾病と共に歩む人々の QOL を高める支援、在宅療養者・高齢者・小児とその介護者や養育者への支援、 周産期母子看護、地域や海外で展開される保健医療活動の支援についての 課題を探求し、未知の現象の解明、新しい看護実践の技術、ケアシステム を開発することである。手法としては自然科学的アプローチと人間学的ア プローチを用いる。また、多職種と連携する保健医療福祉活動において自 らの専門性を発揮するとともに、多職種間のマネジメント、調整、相談、 教育に能力を発揮し、協同的研究に参画できる高度看護専門職を養成する。

 

基礎看護学分野

 基礎看護学分野においては、看護学全般に共通する看護技術や諸理論ならびに看護管理等に 関する看護を追及する分野である。その構成は基礎看護学と看護管理学である。  保健・医療福祉分野において看護・医療サービスを提供する際に必要な、看護学全般に共通しかつ基礎と なる看護技術やその実践、サービス提供の仕組みとマネジメント、評価、その他看護実践における 諸課題看護技術の方法的根拠の解明や医療看護状況の変化に対応した効果的な看護技術の開発などに関して、 科学的研究を行う。看護技術の基礎的手法からの方法的根拠の解明や、医療看護状況の変化に対応した 効果的な看護技術の開発などの教育・研究指導を行う。特に、看護療法の効果に関する研究課題では ホリスティックケア技法の開発に焦点を当てて、セルフヒーリングやリラクセーション、 タッチ・マッサージ、ポジショニングに関する研究を行う。あらゆる生体の反応を学際的な研究方法を 活用して評価し、科学的根拠に基づく看護実践(Evidence based Nursing)に貢献できる看護学の基礎的研究、臨床的研究を行う。また、質の高い看護提供システム、人材の育成、看護のマネジメントに関する研究・指導を行う。

 
浅野 修一郎
基礎保健学ユニット
看護学領域
近藤 由香
基礎保健学ユニット
看護学領域
恩幣 宏美
基礎保健学ユニット
看護学領域
柳 奈津子
基礎保健学ユニット
看護学領域
辻村 弘美
基礎保健学ユニット
看護学領域
上宮 英之
基礎保健学ユニット
看護学領域
豊村 暁
基礎保健学ユニット
看護学領域

応用看護学分野

img  応用看護学分野においては、慢性看護学、がん看護学、精神看護学、母性看護学・助産学を 包含する応用看護を追求する分野である。  慢性病、がんとともに歩む患者・家族、精神疾患とともに生きる患者やその家族の適応、 セルフマネジメント向上に対する実践的で効果的なプログラムの開発と評価方法,測定尺度の開発、 サバイバーを支援する有効なシステム構築など、障害を持つ人々に応用できる科学研究を行う。  ウィメンズヘルス、特に周産期、リプロダクション領域における女性とその家族の問題を解決、 支援していくためのエビデンスに関する研究を行う。また自立して助産が実践できる 高度保健医療人材育成のための教育プログラムの開発・評価に関する研究を行っている。 さらに、慢性病、がん及び助産診断と助産などの高度看護専門者を育成する教育プログラムの開発とその応用に関する教育・研究指導を行う。

 
神田 清子
応用保健学ユニット
看護学領域
岡 美智代
応用保健学ユニット
看護学領域
二渡 玉江
応用保健学ユニット
看護学領域
近藤 浩子
応用保健学ユニット
看護学領域
大山 良雄
応用保健学ユニット
看護学領域
常盤 洋子
応用保健学ユニット
看護学領域
篠崎 博光
応用保健学ユニット
看護学領域
佐光 恵子
応用保健学ユニット
看護学領域
金泉 志保美
応用保健学ユニット
看護学領域
國清 恭子
応用保健学ユニット
看護学領域
牧野 孝俊
応用保健学ユニット
看護学領域
坂入 和也
応用保健学ユニット
看護学領域
菊地 沙織
応用保健学ユニット
看護学領域
井手段 幸樹
応用保健学ユニット
看護学領域
鈴木 禎子
応用保健学ユニット
看護学領域

地域・国際看護学分野

img  地域・国際看護学分野においては、その視点からさまざまな教育・研究指導を行う。 地域で生活する個人、家族、集団及び地域社会全体を対象とした看護技術とその評価に関する研究、 特に、地域ケアシステム構築や施策化、地域の健康づくり推進、ケアマネジメント等、行政保健師が関わる 研究課題を中心に教育・研究指導を行う。また、ヘルスプロモーションや、それに内包される健康教育と 社会・文化・政策的環境への介入に関する教育・研究指導を行う。  高齢者ケアのアウトカムを高めるケア方法・用具の開発と質改善の取り組み、及びケアの経済・経営評価に ついて、在宅療養のケアマネジメント、訪問看護ステーションの経営戦略を課題とした教育・研究指導を行う。 また在宅療養生活に関連する看護支援について、療養者本人や家族、地域ケアシステムを視点とした 研究、特に医療ニーズの高いがん患者や難病療養者をはじめとする慢性病患者を対象とした看護支援の課題に ついて教育・研究指導をする。国際看護協力計画の開発や発展途上国における看護教育の支援技術、国内外の 災害支援技術、災害看護に関する課題について教育・研究指導を行う。

 
内田 陽子
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
牛久保 美津子
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
佐藤 由美
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
森 淑江
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
吉田 亨
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
大庭 志野
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
川島 智幸
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
上山 真美
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
小山 晶子
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
桐生 育恵
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
松井 理恵
地域・国際保健学ユニット
看護学領域