群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学研究科博士前期課程 / 応用保健学ユニット

保健学研究の成果を疾患・障害に対する治療に応用する分野の研究及び教育指導を行う。

 がん、慢性病、精神疾患や母性小児疾患の看護やケア、心電図な どの生理学的検査や病理診断技術、あるいはスポーツや作業活動に 対するリハビリテーションなど保健学研究の成果を疾患・障害に対する治療に応用する分野の研究及び教育指導を行う。病を持つ人の 適応、効果的な看護技術や効果的なリハビリテーション技術の検証 と開発及び疾患検査法の開発などが含まれる。さらに、高度専門医 療人である専門看護師(慢性看護、がん看護)及び臨床研究コーデ ィネーター管理者の教育、養成を行う。ここで扱う研究は効果的臨 床応用を目指して保健医療の知識・技術を高めるものであり、WHO の提唱する保健システム強化アプローチの「医療技術」に合致する ものである。

 

応用看護学分野

 応用看護学分野においては、病院、施設における看護支援をコアにしながら在宅・地域への広がりを もつ応用看護を追求する分野である。その構成は慢性看護学、がん看護学、精神看護学、母性看護学・助産学 および小児看護学からなる。  慢性病、がんとともに歩む患者と家族、精神疾患とともに生きる患者やその家族の認知や反応、対処行動、 セルフマネジメント獲得プロセスの現象を質的および量的など統合的、系統的に解明し、新たな看護支援を 開発する教育・研究指導を行う。精神の健康、がんや慢性病の適応、セルフマネジメント、サバイバーシップ、 人間対人間の相互作用の基本となる対人関係能力・コミュニケーション能力に関する研究を行い、障害を持つ 人々に応用できる科学研究を行う。  また、性と生殖に関する健康課題や周産期における女性の健康課題の解明、分娩時の安全性を確保するための 助産技術の開発、助産師と産科医師の連携体制の構築など、周産期における女性とその家族への科学的根拠に 基づく助産ケアおよび自立した助産活動が実践できる助産師の育成に応用できる教育・研究を指導する。 さらに新生児期から思春期における健康問題や発育発達の課題について、家族も含めた支援や 保健医療福祉専門職との連携を含めた療養支援システム構築について教育・研究指導を行う。
 さらに、慢性病、がんおよび助産診断と助産などの高度看護専門者を育成するとともに教育プログラムの 開発とその応用に関する教育・研究指導を行う。

 
神田 清子
応用保健学ユニット
看護学領域
岡 美智代
応用保健学ユニット
看護学領域
二渡 玉江
応用保健学ユニット
看護学領域
近藤 浩子
応用保健学ユニット
看護学領域
大山 良雄
応用保健学ユニット
看護学領域
常盤 洋子
応用保健学ユニット
看護学領域
篠崎 博光
応用保健学ユニット
看護学領域
佐光 恵子
応用保健学ユニット
看護学領域
金泉 志保美
応用保健学ユニット
看護学領域
國清 恭子
応用保健学ユニット
看護学領域
牧野 孝俊
応用保健学ユニット
看護学領域
坂入 和也
応用保健学ユニット
看護学領域
菊地 沙織
応用保健学ユニット
看護学領域
井手段 幸樹
応用保健学ユニット
看護学領域
鈴木 禎子
応用保健学ユニット
看護学領域

応用生体情報検査科学分野

 応用生体情報検査科学分野においては、細胞の形態変化と病態との関係や細胞増殖の動態変化と 病態との関係、細胞解析法の新たな開発及び生体機能の基礎的データの解析法や生体機能測定法の 新たな開発、生体機能と病態との関連について教育・研究を行う。さらに、本分野は、連携という意味において、 総合大学である本学の特徴を生かして、医学系研究科(医科学専攻及び生命医科学専攻)、医学部附属病院、 生体調節研究所、重粒子線医学研究センターなどと緊密に連携しながら、研究と教育を推進する。

 
江本 正志
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
村上 博和
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
齋藤 貴之
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
吉田 朋美
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
松井 弘樹
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
松本 竹久
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
時田 佳治
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
後藤 七海
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域

応用リハビリテーション学分野

 応用リハビリテーション学分野においては、運動器系の障害やスポーツに伴う障害に対する介入方法、 健康増進のための運動療法、アスレティックリハビリテーションなどの研究を行う。スポーツ障害・外傷の 発生に関して運動学的解析や体力科学的なアプローチを行い、障害予防のための効果的な介入方法についての 研究を行う。また、身体障害系・発達障害系・老年期障害系・高次神経障害系・精神障害系の作業障害に対する 介入方法に関する研究を行う。対象者に対するケアプラン、ケースマネジメントなどの地域への適応に関連する 専門的支援についての研究も推進する。

 
坂本 雅昭
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
渡邊 秀臣
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
今井 忠則
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
中澤 理恵
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
朝倉 智之
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
下田 佳央莉
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
土屋 謙仕
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット