群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学研究科博士後期課程 / リハビリテーション学領域

保健医療・福祉に関わる専門職者を積極的に受け入れ、学際的な研究・教育者を養成することを特色とする。

 リハビリテーション学で対象とする障害について ICF(国際生活機能分 類)は、身体・精神的機能、身体運動や身体・精神的活動、社会生活への 参加・適応に関する問題として分類し、さらに個人因子・環境因子といっ た背景因子の影響をあげている。リハビリテーション学は、これらの問題 分析や基礎・応用的介入理論と技術の開発、地域及び社会環境の分析と対 応といった包括的な科学としての特色を持つ。また、リハビリテーショ 学の特性から、保健医療・福祉に関わる専門職者を積極的に受け入れ、学際的な研究・教育者を養成することを特色とする。

 

基礎リハビリテーション学分野

img  基礎リハビリテーション学分野においては、病態及び障害の解析、機能評価・回復学に関わる 基礎医学的・基礎理学・作業療法学的な教育・研究を行う。具体的には、リハビリテーションの対象となる 神経・筋、骨・関節、呼吸・循環、内分泌・代謝系の疾患による機能・能力障害の機序を解析するための 生理的・動作学的な解析手法について教育・研究を推進する。

 
土橋 邦生
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
臼田 滋
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
外里 冨佐江
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
三井 真一
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
李 範爽
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
山崎 恆夫
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
山路 雄彦
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
久留利 菜菜
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット

応用リハビリテーション学分野

img  応用リハビリテーション学分野においては、運動器系の障害やスポーツ活動による障害の発生機序と治療法、 健康増進のための運動療法、アスレティックリハビリテーションに関する教育・研究を行う。具体的には、日常生活や スポーツ活動による動作特性の運動学的解析や体力科学的な分析・アプローチについて教育・研究を行う。 また、身体・発達系、老年期、精神障害系の作業障害について、作業療法学理論の治療科学としての構築と臨床的な 応用方法に関する教育・研究を行う。さらに、主要な疾患障害別及び理論別回復仮説に基づく治療効果の検証のための 研究を指導する。

 
坂本 雅昭
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
渡邊 秀臣
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
今井 忠則
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
中澤 理恵
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
朝倉 智之
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
下田 佳央莉
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット
土屋 謙仕
リハビリテーション領域
応用保健学ユニット

地域・国際リハビリテーション学分野

img 地域・国際リハビリテーション学分野においては、国内外の地域リハビリテーションや国際保健医療協力の 歴史と理念を踏まえ、対象地域及び対象国へのリハビリテーション・サービスの運営と管理、保健医療・福祉に関する 学際的な研究を指導する。具体的には、障害を持っても能力を発揮して地域で暮らすための支援などICFの「活動」・「参加」に 関する課題が本分野の研究・教育の中心となる。さらに、訪問リハや通所リハなどの介護保険のリハ、介護予防と地域作り、 ソーシャルサポート、日常生活用具、就労支援や在宅復帰支援、国際協力・支援などに関する教育・研究を行う。

 
菊地 千一郎
リハビリテーション領域
地域・国際保健学ユニット
山上 徹也
リハビリテーション領域
基礎保健学ユニット
十枝 はるか
リハビリテーション領域
地域・国際保健学ユニット
池澤 麻衣子
リハビリテーション領域
地域・国際保健学ユニット