群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学研究科博士後期課程 / 生体情報検査科学領域

生体からの精密な情報収集のために、分子、細胞、組織、機能など広範な情報解析を目的とした教育・研究を行い、新たな解析技術開発能力を養成する。

 本領域では、高度・先端医療の進展に伴って必要とされる個としての生体からの精密な情報収集のために、分子、細胞、組織、機能など広範な情報解析を目的とした教育・研究を行い、新たな解析技術開発能力を養成する。生体情報検査科学領域の学問体系を確立するとともに、新たな検査技 術の開発及び医療機器や医薬品の開発に参画する。病態生理及びその解析 技術、超音波検査などの新しい画像解析診断技術の開発応用に関しては代 表的な生活習慣病である血管・循環系の疾病等を対象とし、その検査法と その応用法について研究する。続いて、生体に生じる種々な疾病による組 織学的・細胞学的変化や血液細胞の形態・動態の変化を免疫組織化学的及 び分子生物的な最先端の技法を用いて解析し、疾病の解明に応用する能力 や新しい検査技術開発のための研究をする。そして、病理学的検査・細胞 学的検査、血液学的検査に精通した専門的知識と能力の養成を行う。さらに、 新興・再興感染症等と生体防御機構との関わりや病原生物の特殊検査法開 発等の教育・研究を行う。また、環境保健の情報から得られた様々な研究 成果に基づき、国際・地域の保健対策と評価を実践できる専門職の養成を 目指す。更に、開発途上国の国際感染症等の新検査法についての研究や保 健対策を実施できる能力を養成する。

 

基礎生体情報検査科学分野

img 基礎看護学分野においては、看護学全般に共通する看護技術や諸理論ならびに看護管理等に 関する看護を追及する分野である。その構成は基礎看護学と看護管理学である。  基礎生体情報検査科学分野においては、分子レベルでの生体情報の効率的な収集技術の開発並びに得られた 情報の解析手法の構築について教育・研究を行う。本分野では、高度・先端医療の進展に伴って必要とされる個としての 生体からの精密な情報収集のために、分子、細胞、組織、機能など広範な情報解析を目的とした教育・研究を行い、 新たな解析技術開発能力を養成する。生体情報検査科学分野の学問体系を確立するとともに、新たな検査技術の開発及び 医療機器や医薬品の開発に参画する。

 
輿石 一郎
基礎保健学ユニット
生体情報検査学領域
横山 知行
基礎保健学ユニット
生体情報検査学領域
大西 浩史
基礎保健学ユニット
生体情報検査学領域
安部 由美子
基礎保健学ユニット
生体情報検査学領域
笠松 哲光
基礎保健学ユニット
生体情報検査学領域

応用生体情報検査科学分野

img  応用生体情報検査科学分野においては、代表的な生活習慣病である血管・循環器系の疾病の検査を中心に、 病態生理及びその解析技術、 超音波検査を始めとする新しい画像解析診断技術の応用について研究する。 また、臨床生理や循環器の臨床検査部門における特殊検査技術の実践能力を養成するとともに、 地域において健康な人々を対象に疾病予防の指導や相談に関わることのできる能力の養成を目指す。 また、生体に生ずる種々な疾病による組織学的変化を、免疫組織化学的及び分子生物的な最先端の技法を 用いて解析し、疾病の解明に応用する能力や新しい検査技術開発のための研究をする。 さらに、病理学的・細胞学的検査に精通した専門的知識と能力の養成を行う。また、腫瘍性疾患及び自己免疫疾患の 病態解析のための最新技術を修得し、さらに、血液疾患の検査法開発のための研究や細胞培養最新技術を教育する。

 
村上 博和
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
齋藤 貴之
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
吉田 朋美
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
松井 弘樹
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
松本 竹久
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
時田 佳治
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域
後藤 七海
応用保健学ユニット
生体情報検査学領域

地域・国際生体情報検査科学分野

img 地域・国際生体情報検査科学分野においては、微生物や寄生虫感染症の特殊検査法の開発、病院における 感染予防管理のための効果的な処理法の開発及び感染の初期防御での細胞の働きから、最新の免疫学に関する 教育・研究を行う。また、観察的研究手法、介入的研究手法等の理論的側面の教育により、国内外の地域保健医療分野に寄与する 疫学的病因追求実践能力を養成する。また、マラリア等の国際感染症や国内外で問題となっている新興・再興感染症の迅速かつ 簡便な検査技術の研究・開発を始め、 各国・各地域において生ずる様々な公衆保健学的問題に対処できる高度な能力を涵養するための 教育・研究を行う。生体を取り巻く環境からの保健情報の迅速かつ簡便な検査法開発とその情報を基に、地域・国際の保健対策と 評価を実践する。検査・疫学・予防についての高度な知識・技術により、開発途上国の保健医療分野での活躍ができる特色がある。

 
嶋田 淳子
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域
林 邦彦
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域
鬼塚 陽子
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域