群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科について / 研究科長挨拶

保健学は、健康な生活に向けた統合的なアプローチを行い、健康な人たちの地域社会を目指す学問と考えます。

保健学研究科長 村上博和
保健学研究科長
村上 博和
HIROKAZU MURAKAMI

 大学院保健学研究科は保健学の研究を行い、高度な保健医療人に加え、保健学研究者と教育者を養成するために平成23年度に大学院医学系研究科から独立して、博士前期課程と後期課程で構成される大学院として組織改革を行いました。  少子高齢化社会となった我が国においては、社会構造や生活習慣の変化に伴い、疾病・障害の構造が大きく変化するとともに、新たな社会的・経済的、保健医療的問題が多数生じています。国民の健康志向が高まり、生活の質の向上や健康寿命の延長が求められています。こうした人間の健康を維持するための取組みは、病気の解明や新しい治療法の開発のみでは達成できません。その理由は、人々の健康が社会・政治・経済状況、地域性、さらにケアに携わる様々な医療人の資質に大きく左右されるからです。保健学は、健康な生活に向けた統合的なアプローチを行い、健康な人たちで構成される地域社会を目指す学問と考えます。  一方、国際社会においては保健人材の不足が深刻化しています。国連やWHOは、AIDS等の感染症、周産期・小児期死亡率の低下に向けた世界的な取組みを行っており、質の高い保健人材育成等、保健システムの強化を強く求めています。本学は、WHO と交流を通じて、諸外国との国際交流・連携を図り、日本に対する世界のニーズに即した保健学の研究・教育を推進しています。

 

こうした社会的要請に応えるため、博士前期課程では研究対象課題によって「基礎保健学ユニット」、「応用保健学 ユニット」、「地域・国際保健学ユニット」を配置して職種横断型かつ全人的アプローチの研究・教育体制を構築しました。博士後期課程では、専門領域の研究を深化させるために、職種に応じた3領域「看護学領域」、「生体情報検査科学領域」、「リハビリテーション学領域」に分けたカリキュラムを組み立てています。こうして、全人的医療を理解し、高度な専門知識と技術を持つ保健学研究者・教育者そして実践者の養成を目指しています。   本研究科では、既に医療・保健の分野で仕事をされている人が、現場で直面する様々な問題を研究課題として取組む地域密着型の研究体制を構築しております。 平成19年度に文部科学省から『大学院GP』として高い評価・支援を受けて始めた事業です。この地域交流に基づく教育は、『教育GP』として支援を受ける学部教育と合わせて、学部・大学院の一貫した教育システムとなっています。また、先進的チーム医療教育の実績は国際社会から高い評価を受け、WHO協力センターの指定も受けています。さらに、文部科学省「がんプロフェッショナル養成プラン」事業としてがん看護専門看護師を養成する他、老人看護、慢性疾患看護、母性看護専門看護師養成コースを備えており、現在まで専門看護師養成コース修了生の合格率は100%を誇っています。また、指導的臨床研究コーディネーター(CRC)の育成を行うCRC管理者養成コースも開設しています。  こうした具体的な成果を基に組み立てられた教育システムで、社会の要請に対して真摯に耳を傾け、新たに生まれる課題に柔軟にそして創造的に対応する能力を自ら培う意欲のある皆様の入学を期待しています。 images