群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

学部長からのメッセージ / 群馬大学医学部長 峯岸 敬

群馬大学医学部入学を希望される皆さんへ

群馬大学医学部長
石崎 泰樹
YASUKI ISHIZAKI

 群馬大学には、教育学部、社会情報学部、医学部、工学部の4学部があります。前橋市の市街地にある昭和キャンパスには、医学部(医学科と保健学科)、大学院医学系研究科(医科学専攻、生命医科学専攻)、大学院保健学研究科(保健学専攻)、医学部附属病院、生体調節研究所、重粒子線医学センター、総合情報メディアセンター医学分館(図書館)などがあります。
 昭和18年に設置された前橋医学専門学校が、昭和24年に群馬大学医学部となり、昭和30年には大学院医学研究科(博士課程)が設置されました。平成8年に、医療技術短期大学の保健学科への改組に伴い、医学部は2学科(医学科と保健学科)となりました。平成13年に保健学の大学院(修士課程)が新設され、平成15年には保健学専攻(博士過程前期および後期)へと発展しました。また、平成19年には生命医科学専攻(修士課程)が設置されました。平成23年には大学院保健学研究科(保健学専攻)が設置され、昭和キャンパスにおける医学部2学科、2大学院(3専攻)の体制が整いました。
 医学部は北関東における医学・保健学教育と研究の中心として、医学科では多くの医師、医学研究者、医療行政者などを育成し、保健学科では看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などを育成してきました。医学部附属病院は、地域医療の中核として社会に貢献しています。重粒子線医学センターでは、平成22年より日本の大学に最初に設置された世界最先端のがん治療装置を用いて重粒子線治療が開始されました。
images

 医学科は、生命や人体の構造と機能を追求し、疾病の本態を解明し、それを克服するための方策を探求するとともに、優れた人間性をもつ医師や最先端の医学研究者を養成することを主な目的としています。保健学科は、総合的で先進的な保健学教育・研究を展開することを通して、保健医療の専門職として確固たる倫理観と豊かな人間性を持ち、社会的使命を果たすことのできる医療人の育成を目的としています。
 医学部では、入学試験と学生教育の改善に力を入れ、多様な学生を迎える体制を整えてきました。入学後は、早期から医療の実際に触れ、医療従事者となる上で必要な知識、技術、心構えを早くから学生自身が身をもって体験できるように配慮しています。また、医療は多くの職種の人たちのチームワークによって成り立っています。一部の教育・実習のプログラム、また時間外の運動クラブや文化クラブの活動は、医学科学生と保健学科学生が共同で取り組んでいます。医学部学生は、スポーツ、文化活動、ボランティア活動などを通して、広い視野のもとに医学・医療を学び、人間性豊かな医師・医療人、また教育者・研究者に成長することが期待されています。
 現在、医学部・大学院を中心として、学部・大学院教育や研究者・専門医療人養成のために以下のような大型プログラムが進行しています。 1) 大学教育・学生支援推進事業大学教育推進プログラム 「人体解剖とCTの統合による先駆的医学教育」、2) 特色ある大学教育支援プログラム「大学教育・学生支援推薦事業(テーマA)大学教育推進プログラム」「総合的学士力の育成に向けたチーム医療教育」、3) グローバルCOEプログラム 「生体調節シグナルの統合的研究」、4) がんプロフェッショナル養成プラン 「北関東域連携がん先進医療人材養成プラン」、5) 大学病院連携型高度医療人養成推進事業 「関東・信州広域循環型専門医養成プログラム-専門医育成と医師不足解消を目指して-」、6) 科学技術振興調整費 若手研究者の自立的研究環境整備促進プログラム 「若手先端科学研究者の研究環境改革」医学部では国際交流にも力を入れています。アメリカ合衆国、モンゴル、台湾、インドネシア、タイ、コロンビア、ニカラグアなどの大学とは、学部学生が国際間交流を行なっています。国際的に医療人として活躍しようと考えている人ばかりでなく、多くの学生諸君が先進国や途上国の医療情勢を体験し、外国の医学系の知人と情報を交換し国際感覚を培うことは、将来的にも有用で意義深いことです。医学部では今後も国際交流の充実を進めていきます。
images