群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科 / 保健学科について / 学科長からのメッセージ

医学部保健学科長 村上博和
群馬大学医学部保健学科長
村上 博和
HIROKAZU MURAKAMI

心身の健康を総合的に探求する全人的医療の学問

 保健学は、人々の健康と社会福祉の向上に寄与する学問領域です。それは人間を身体面のみならず、精神的、社会的側面からも把握し、健康の維持、疾病の予防・診断技術・治療・リハビリテーション、さらには介護予防を探求する全人的医療の学問です。
 高度専門化の進む医療現場では様々な医療職種が国家資格の認定を受け、多方面から複雑化した医療に携わっています。それぞれの職種が専門技術を向上させ、職種間の連携を円滑にする事により、人々が満足した医療を受ける事ができます。また、疾病の予防対策や治療後障害に対して長期にわたるリハビリテーションが、人々の健康を維持するために益々重要な役割を果たすようになってきました。時には疾病や障害をもつ方々に対する精神的・社会的サポート等のケアのほうが、疾病の治療よりも優先される場合もあります。さらに、高齢化の進む今日、介護を必要としない健康な毎日を暮らすために、日々の生活にリハビリテーションの技術を取り入れる介護予防の普及も迫られています。
 保健学はこうした現代の多様な医療・介護ニーズに応え、多角的な方向から健康維持・改善を図る学問であり、本学科は医学科と協調体制を基にチーム医療やチームケアを取り入れた全人的医療に必要不可欠な人材を育成する専門教育機関です。

保健学科教育における 4つの理念・目的  本科がめざす教育には4つの大目標があります。第1には高度化、専門化する保健医療の担い手となる専門職の育成です。身体の治療から心のケアまでの全人的医療を行なう、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士などの専門職育成をめざします。第2にはチーム医療を実践・推進し、医療活動を管理指導できるリーダー的人材の育成です。チーム医療とは、医師およびコ・メディカル医療職者がそれぞれの専門知識と技術を高めるとともに、職種間の相互理解を深め、緊密な連携のもとで保健医療を実践する総合医療体制のことです。チーム医療に必要な幅広い専門知識、技術に加え、もっとも大切な協調性や管理指導力なども身につけていきます。第3の目標は、国際人としての医療専門家の育成です。現在、わが国をはじめとする先進国の医療専門家は数多くの開発途上国において医療活動に従事しています。しかし、その数はいまだ不足しており、より多くの優秀な人材育成が急務となっています。そのため、学生の国際交流などを通して、国際性豊かな医療専門家を育成しています。第4の目標は、保健学の学問体系の確立と発展に寄与できる教育者、研究者の育成です。保健学は医療系の中では比較的歴史の浅い学問であるため、将来に向けたより高度な学問体系づくりが大きな課題となっており、その能力を身に着けた専門職の育成が急務です。本科ではこれら4つの教育目標を基本に、現代医療の第一線で活躍できる高度専門医療分野における指導者、教育者、および研究者の育成をめざしています。 images

今、保健学科では  高度化、専門化する保健医療の担い手となる専門職の育成と、これからの保健学の教育と研究を担う人材育成が、本学科の教育目的の柱ですが、人々の健康に関する学問と一口に言っても膨大な範囲が含まれます。学生の目からは具体的な学問の対象が捉えにくく、さらに核家族化の進む現代では高齢者や障害で困っている人々に触れる機会は少ないのが現状です。本学科では教育の実益性を高めるために、先ずは地域の人々の健康に対して目を向ける取組に力を入れています。この取組みは平成20年度に文部科学省から質の高い大学教育推進プログラム(質高GP)に採択され、この支援を基にして地域が渇望する健康支援を直接体験し、理解するカリキュラムが編成されています。こうした専攻横断的な保健学探求は、4年生の卒業研究にも反映され、そこで培われた探求能力は、平成19年に採択された大学院教育改善支援プログラム(大学院GP)を基に展開されている大学院の研究・教育に引き継がれ、保健学の教育者、研究者の育成を図る体制ができています。
 医師や看護師等の医療人材不足が深刻となり、また医療事故の報道が頻繁に目につくようになった今日、チーム医療の重要性がクローズアップされています。本学科のチーム医療教育では実習教育を充実させています。この実習教育は先進的取組みとして平成19年度特色ある教育改善支援プログラム(特色GP)に採択され、この支援を基に平成20年度からは医学科学生が加わり、チーム医療の重要性やコミュニケーション能力の育成を図っています。このチーム医療教育は、国内外の大学やWHOなどとのネットワークに基づいて行なわれ、国際的保健情勢を取入れて、国際的な視野の育成にも役立てています。
  現在、学部学生が国際交流を行なっているのは、アメリカ合衆国、モンゴル国、インドネシア、ニカラグア共和国、台湾などの大学があります。また、フィリピン共和国の大学と協定が結ばれ、さらに多くの海外の大学との交流が期待されています。相手国へ赴いた学生の報告書からは、貴重な体験による熱い興奮が伺われ、また本学科を訪れた各国の教員や学生との交流から国際的な視野の拡がりを感じます。文化や考え方、それこそ常識すら異なる人々との交流は国際人としての教養、そして医療人の育成にとても大切な機会だと考えます。
images

これから保健学を志す人たちに必要なものとは  保健学を学び、各分野の専門職をめざす人たちに必要なものは、人に対する深い思いやりとやさしさです。病気を患っている人を前にして、相手の悩みを自らの悩みとして自覚する能力です。しかし、時には強さが必要です。目の前の相手が今悲しむことがあっても、必ず克服して、いずれはより健康な心身を取り戻すと判断したときには、強い態度で対応し、指導することが必要です。この判断を下す能力をもつ医療人となるためには、医療への幅広い興味、強い学問的探究心が必要で、自らが志した職種に対する学問的知識・技術の鍛錬を怠らない学習意欲を備えていることがなによりも求められます。これからも保健情勢は大きく変貌してゆきます。新しい困難や諸課題に直面したときに、意欲的にそして創造的に対処し、解決策を講じられる自主性を備えた人であることも重要な素養となります。 images

これから医療を学ぶ人たちへのメッセージ  医療人にとってなにより大切にしなければならないもの、それは医療や患者さんに対して、強い倫理観と責任感を持つことです。医療の専門家として、身体や心のさまざまな痛みを抱える人たちの思いを知り、こうした人々の立場に立って真摯に向き合う姿勢です。さらに高度化する現代の医療現場では、チーム医療、チームケアといった総合医療体制の時代をむかえており、医師をはじめ、看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士、診療放射線技師、薬剤師、栄養士など、様々な医療職者がチームを作り、任務を遂行しています。このチームは単なる人の集まりではなく、それぞれ役割を担った人の集まりで、その役割に対して各自(あるいは各職種)が責任を持つことでチームの有効性が発揮されます。以上の点をよく理解していただき、高い志をもった方々に入学してほしいと考えています。 images