群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科 / カリキュラム / 理学療法学専攻について

保健学科におけるカリキュラム構成コンセプトは、進展してやまない時代状況を踏まえ、全人的医療の担い手としてまた世界の最前線に立つことのできる人材育成にあります。

看護学専攻
看護学専攻
看護の専門的知識や技術を学びます。病気を予防する健康教育、健康回復への支援、終末期ケア、人間のライフサイクル各期における看護を習得し、高度・専門化した保健医療福祉に対応できるような教育を行います。
検査技術科学専攻
検査技術科学専攻
検査技術科学分野の専門知識や技術を学び、検体検査、生理機能検査、病気早期発見のための検査、遺伝子検査、画像解析などをマスターして、高度・専門化した医療に対応できるような教育を行います。
理学療法学専攻
理学療法学専攻
専門職としての態度や実践的な技能の修得が円滑に図れるよう、科目の枠を超えた教育を心がけ、机上での学習だけではなく、臨床での体験や実習などを通した能動的な学習への支援を重視しています。
作業療法学専攻
作業療法学専攻
健康機能を制限された人に対する専門的な判断力や接触態度を養い、作業活動の活用、評価・治療・援助及び研究に必要な知識と技術を学び、臨床実習で専門職業人としての学習を統合します。

理学療法学専攻

新しい機能回復の理論、技術の研究・開発能力を育てていきます。  少子・高齢社会という現代の日本において、疾病構造の変化や医療・福祉サービスの多様化に伴い、理学療法士に求められる社会的ニーズも拡大しています。その社会的ニーズに答えるためには、人間や社会を幅広く捉える知識と実践的で効果的な技術が求められています。理学療法学専攻では、医学や人間学等の知識をもとに、理学療法に必要な疾病と障害の成り立ちやその実態についての基礎的知識を学び、機能や障害を評価する方法や、障害に対する運動療法、物理療法、補装具療法などの適応理論と臨床応用を学びます。また、運動器系理学療法学、神経系理学療法学、発達障害理学療法学、呼吸循環代謝系理学療法学などの専門的な理学療法の理論と技術、さらに急性期から地域や在宅での理学療法、健康管理やスポーツ分野での理学療法など、幅広い分野における理学療法について学びます。そして、これからの理学療法学の発展に貢献できる新しい理論や治療技術の研究・開発能力を修得し、臨床・教育・研究の分野において活躍できる人材の育成をめざしています。 images figure

▌専門基礎・支持的科目

A チームワーク原論全人的医療論
B 医療統計学臨床心理学コミュニケーション論基礎医学I(微生物・免疫学)基礎医学II(病理学)臨床医学I国際病原生物学演習
C 医療統計学演習基礎医学III(薬理学)公衆衛生学社会福祉論
D 医療生命倫理人間工学概論医療工学統合保健医療論老年学地域保健医療推進論健康教育論国際医療協力論チームワーク実習

▌専門科目

E 解剖学I解剖学II生理学I理学療法学概論
F 解剖学実習
G 生理学II人間発達学PBL入門
H 生理学実習運動学I精神医学I機能解剖学言語障害治療学理学療法基礎学I理学療法基礎学II
I 運動学II運動学実習臨床病態学I(内科)臨床病態学I(小児)神経内科学I整形外科学I精神医学II生活環境支援学生活環境支援学実習理学療法早期体験臨床実習
J 神経内科学II整形外科学II臨床運動学理学療法研究法入門臨床理学療法学I(神経系)臨床理学療法学II(運動器系)臨床理学療法学実習I(神経系)臨床理学療法学実習II(運動器系)臨床理学療法学III(病態障害学)
K 原書講読I症例基盤型実習I(神経系)症例基盤型実習II(運動器系)症例基盤型実習III(内部障害)症例基盤型実習IV(地域・在宅)基本的臨床技能実習I基本的臨床技能実習II理学療法臨床実習
L 原書講読II急性期理学療法学スポーツ・健康管理理学療法学応用的臨床技能実習
M 卒業研究
N 理学療法総合臨床実習理学療法選択臨床実習
理学療法学教育の特徴
専門職としての態度や実践的な技能の修得が円滑に図れるよう、科目の枠を超えた教育を心がけ、机上での学習だけではなく、臨床での体験や実習などを通した能動的な学習への支援を重視しています。

臨床実習:臨床の場に徐々に慣れていくことができるように配慮されたカリキュラム

 群馬大学医学部には、附属病院が同じ敷地内にあり、見学や授業、実習などで活用しています。1年次には、教員が引率し学生がグループで臨む附属病院で見学実習を行っています。2年次の早期体験臨床実習においても教員が引率し、学外施設で学生がグループで臨み、理学療法士業務への理解を深め専門職としての基本的態度を身につけることを目的として行っています。また、3年次の基本的臨床技能実習Ⅱでは、教員が2~3名の学生を引率し、学外の実習施設で評価・治療に関わる臨床思考過程を習得することを目的としています。また、3年次の臨床実習の前に行われる基本的臨床技能実習Ⅰ(OSCE)の試験では、模擬患者を対象とし検査・測定の基本的技術及び臨床思考過程の習得度を確認し、4年次の臨床実習の前には応用的臨床技能実習(advanced OSCE)において評価・治療に関わる臨床技能の習得度を確認してから臨地実習に臨んでいます。毎年、臨床の現場を見学や実習で体験でき、臨床的な内容を多く経験できます。

授業:参加型の授業:グループワーク、実技練習がたくさんあります

1年次より問題基盤型学習(PBL)である「PBL入門」が開講されており、基礎医学的な知識の統合を少人数グループでの討議を通した主体的な学習方法が取り入れられています。また、3年前期には、臨床運動学、臨床理学療法学Ⅲ、理学療法学研究法入門など参加型の授業が多く、3年後期に行われる症例基盤型実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ等では、グループワークや実技練習を通して神経系、運動器系、呼吸循環代謝系疾患・病態、高齢者および在宅療養者に対するそれぞれの対象についての理学療法評価と治療の臨床思考過程と基本的技術を習得します。

授業:国際交流の機会がたくさんあります

 モンゴルやニカラグアからの留学生が群馬大学理学療法学専攻の学生と授業や実習に参加し一緒に学んでいます。群馬大学の教員や大学院生がモンゴルを訪問する際に、群馬大学の学部の学生も一緒にモンゴル国立健康科学大学を訪れ、モンゴルの学生と交流を行ったりしています。また、理学療法学専攻と作業療法学専攻の学部の学生(2、3年生)と大学院生の希望者を募り、隔年で海外研修(米国シアトル等)を開催しています。米国の理学療法・作業療法の大学院の講義やリハビリテーション関連施設の視察を行ったり、週末にはホームステイをしたりするなど交流を行っています。

研究:基礎系、運動器、スポーツ系

リハビリテーションで対象となる様々な疾患の機能回復と予防のメカニズムの研究  呼吸器や運動器の病気、脳卒中や認知症などの神経の病気の機能回復と予防に関係した基礎的・臨床的研究を行っています。三次元動作解析装置や加速度計などの機器を使用したバイオメカニクス研究により、基本動作や歩行、スポーツ動作の解析を行い、スポーツ外傷・障害などの発症予防にも役立つ研究に取り組んでいます。

研究:地域リハビリテーション系

地域で生活する高齢者や障害者の健康維持・増進と社会参加を支援するための研究  地域社会で生活する高齢者や障害者の健康維持・増進に役立つ健康評価や認知機能評価、筋力トレーニングなどの研究を行っています。また、生活の自立や積極的な社会参加を支援するための地域リハビリテーションの推進活動と、転倒予防や認知症予防などを含めた介護予防のための研究に積極的に取り組んでいます。

卒業研究指導テーマ:研究テーマ(平成28、29年度)

1.基礎系(運動解析、呼吸循環、脳血管障害) 土橋研究室
  • ・応援が運動パフォーマンスや呼気ガスに及ぼす影響
  • ・ラジオ体操が呼吸、認知機能、心理面に与える影響について
  • ・朝食の欠食が計算能力と身体能力に与える影響
  • ・運動後のrecovery時の運動の有無、姿勢の違いが呼吸回復に及ぼす影響
臼田研究室
  • ・車椅子の使用状況と保護者の満足度
  • ・歩行率・歩隔の変化が骨盤の側方移動距離・回旋角度・側方傾斜角度に与える影響
  • ・キネシオテーピングが膝関節伸展筋の筋持久力に与える影響
  • ・肩こりの自覚と肩周囲の筋硬度および関節可動域の関連性
  • ・複数回の音刺激が重心動揺に及ぼす影響
  • ・二重課題が外的刺激による歩行停止に及ぼす影響
  • ・脊柱後弯姿勢の上武体幹部に対するストレッチングの介入効果の検証
  • ・二次的運動課題がまたぎ動作に及ぼす影響
  • ・反張膝が片脚立位重心動揺に及ぼす影響
  • ・膝関節伸展の等速性運動における噛みしめの影響について
  • ・メンタルプラクティスが立位バランス能力に与える影響
2.運動器、スポーツ系 坂本研究室
  • ・ストリームライン肢位が脊椎アライメントに及ぼす影響
  • ・ストレッチングを併用する温熱療法の違いが筋伸張性に与える効果
  • ・ゴールデンエイジのサッカー選手に対する「FIFA 11+」の試用
  • ・前腕筋群への異なる張力のキネシオテーピングが握力とその持続性に及ぼす影響
  • ・片脚リバウンドドロップジャンプの踏み切り動作における軸足・利き足の比較
  • ・ストレッチポール®エクササイズの即時効果
  • ・スタティックおよびダイナミックストレッチングの順序が筋出力と関節可動域に与える影響
  • ・構え姿勢の違いが前方ステップ反応時間に与える影響
渡邊研究室・山路研究室
  • ・バスケットボールのチェストパス動作時における骨盤傾斜角度
  • ・前足部の状態が圧中心の前後左右方向への移動距離に及ぼす影響
  • ・下肢筋に対するダイナミックストレッチングがバドミントンオーバーヘッドストロークに及ぼす影響
  • ・異なる枕の高さにおける肩甲帯周囲の筋活動
  • ・外反母趾が歩行形態に及ぼす影響
  • ・登山中の腕振りの有無が疲労に及ぼす影響
  • ・肘関節の肢位の違いにおける上肢挙上時の肩周囲筋活動への影響
  • ・発声が面打ち動作に及ぼす影響について
  • ・足趾接地の有無が体幹前傾時の足圧中心と筋活動に及ぼす影響
3.地域リハ系(地域、高齢者、認知症) 山上研究室
  • ・アロママッサージが自律神経や認知機能、情動に及ぼす影響
  • ・自己暗示が筋出力へ与える影響
  • ・意図的な笑顔が高次脳機能と疲労に及ぼす影響
  • ・協和音・不協和音の違いが作業効率に及ぼす影響について
  • ・化粧が実行機能に及ぼす影響
  • ・下腿三頭筋への静的ストレッチがしゃがみ込み位における重心位置に与える影響
  • ・教示の仕方が課題学習に与える影響について
  • ・自転車エルゴメータ使用時のリカバリー時にアロマを使用することによる心拍数・自律神経活動・気分の変化
  • ・基本動作と応用動作における運動イメージ時間と実際の運動時間の差の比較