群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科 / 学生の声について

ハードワークしてこそ充実の学生生活
看護師ならではのアプローチがある

山下 瑞穂 保健学科看護学専攻3年(新潟県立国際情報高等学校 出身)

 テレビのドキュメンタリーやドラマでは、医療をテーマにすることが多いですよね。そんな情報に触れているうちに、中学卒業くらいから漠然と医療職に就きたいと思うようになっていました。人の健康や命に関わるので責任は重いですが、「人を助ける職業」には大きな意味があると考えています。看護師は臨床の場で、治療だけでなく患者さんの心の支えにもなれる存在だと感じています。人と関わること、コミュニケーションをとることが好きな自分には向いている職業だと思います。
 群馬大学で学ぶ利点として、重粒子線がん治療をはじめとする先端医療に触れられることや、検査技術科学・理学療法学・作業療法学の学生と専攻を越えてのチームワーク実習を受けられることなどが挙げられます。チームワーク実習を通じてほかの専攻の友人が増えますし、それが充実した学生生活につながっていますね。
 学習時間は長いですが苦になることはないです。むしろ楽しく日々を送っているという実感があります。3年の後期からは実習が始まります。現在はいろいろと知識を吸収している状態ですが、とくに終末期医療や緩和ケアには興味をもっています。大変で辛い現場だと思いますが、誰かがやらなくてはいけない。「きちんとした知識をもった専門家こそ、より良い終末を迎える手助けができる」ということを勉強のモチベーションにしています。また、学校の勉強以外にも個人的にアロマテラピーの勉強をしているので、将来的に看護の場で役に立てればと考えています。
 看護師のちょっとした心遣いが患者さんを前向きにすることもあります。医師とは違った患者さんへのアプローチで医療の現場に貢献していきたいです。
images

仲間と助け合って実技を学ぶ チームワーク実習では他専攻の見解や知識が学べる 教員の実技指導を熱心に傾聴 医療機器の扱い方を学ぶ 仲間と交替で聴診器の使い方を学習 医学図書館で自習 大学で大切なのは主体的に学ぶこと
興味や好奇心を伸ばす環境がここにはある

古川 希 保健学科検査技術科学専攻3年(群馬県立前橋女子高等学校 出身)

 子どもの頃から病弱だった私は、幼い頃から医療に興味があり、いつかその一端をになう医療人になりたいと思い、検査技術科学専攻に進学しました。入学してから今に至るまで勉強していくうちに臨床検査技師の仕事の面白さや大変さが分かってきました。
 履修科目は多いですね。検査対象は血液や、遺伝子、病原体など多岐に及び、検査機器の取り扱いも学ばなければなりません。2年次は実習のレポート・勉強に追われ体力的にも精神的にも辛いと感じることが沢山ありましたが、将来、人の命にかかわる医療者になるのだから、と奮起したのを覚えています。附属病院内に検査部という部署があり、3年次の後期にはここでの実習があるので楽しみにしています。
 1年次履修の『基礎生体機能学』で、講義を受け、勉強していて、文献などで調べても理解できない部分を教授に質問しにいったことがあります。そこで事細かで丁寧な説明を受け、文献では分からないことも、経験も知識も豊富な先生にきくことで自分の知識や理解を高められ、高校とは違う主体的で専門的な勉強が出来ると実感しました。そのような先生方の指導を受けられることは、学生にとっては大変な幸だと思います。
 これから入学してこられる学生さんたちには、興味がある授業、好きな授業を見つけて欲しいですね。印象的なカリキュラムとしては、チームワーク実習を挙げることができます。他専攻との共同作業が体験でき、他の専攻の学生からとても刺激を受けました。
 将来はもっと知識を深めてから現場に出たいので、大学院への進学も視野に入れています。 新入生の方には自分の興味をもったサークルに入って、交友関係を広げて充実した学生生活を送ってほしいです。私はアカペラサークルに所属しています。おかげで忙しくもあり楽しくもありの生活を送っています。
images

顕微鏡で熱心に観察 アカペラサークルの練習風景 検体の反応を仲間とともに観察 心電図検査の実習中 チームワーク実習で教員から指導を受ける 疑問点を教員がわかりやすく説明 夢はアスレチックトレーナー
スポーツ愛好家をサポートしたい

渋澤 雅貴 保健学科理学療法学専攻3年(群馬県立高崎高等学校 出身)

 高校時代は球児として毎日白球を追いかけていました。ところが故障をしてしまい、整形外科のお世話になることに。そこで出会ったのが理学療法士の先生で、理学療法の意義と理論に触れました。また所属の野球部ではトレーナーの専門家が、生体力学やトレーニング理論を説明しながらメニューを作るというユニークな練習方法を取り入れていました。そこで自らも身体の構造や機能について考えながら練習する習慣がついたと思います。
 理学療法の目的は、運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を図ることです。脳神経外科、整形外科、循環器外科、老人ホームや訪問リハビリなどで活躍している先輩が多いですね。自分の場合は、野球を通じて関わってきた、スポーツトレーナーを将来的なビジョンとして視野に入れています。ケガからの復帰だけでなく、「どうしたらケガなくスポーツを楽しめるか」「より効率的で安全なトレーニングとは」などということを考え、スポーツ界、とくに青少年スポーツに貢献できればと思っています。できれば「アスレチックトレーナー」の資格も取得したいです。野球ではトレーナーの本場はアメリカです。医師や看護師、作業療法士などと連携しながら選手の体調管理をつかさどっています。まだまだ夢の段階ですが、渡米して学べたらいいですね。
 授業では先生方のレベルが高く、教科書に載っていない最先端の知識にも触れることができます。先生方が取り組む最先端の研究テーマをダイレクトで学べることは、群馬大学に在籍する大きなアドバンテージでしょう。
images

仲間をきづかいながらの計測実習 仲間の実習に協力 教員の実技指導を熱心に受ける パソコンを使ってのチームワーク実習 野球部の仲間たちと 実習の合間、こまめにノートへ記録 個人個人で違う多様な作業療法
患者さんの望みをくみ取れる専門家になりたい

宮田 栞 保健学科作業療法学専攻3年(栃木県立栃木女子高等学校 出身)

 リハビリという職種に興味をもったのは、高校時代に同居の祖母が脳出血になり理学及び作業療法士の先生方にお世話になったことがきっかけでした。病院では気落ちしていた祖母でしたが、パワフルで明るい作業療法士の先生が病室を訪れると笑顔を見せていたことがとても印象的で、この専攻への受験を決めました。群馬大学は、都市と自然がほどよく調和していて環境が良いところが気に入っています。
 「作業療法士って奥深く魅力的な職業だな」と、最近ますます思うようになりました。おもしろさの一つは、患者さんを理解する力を必要とするところにあります。リハビリというのは決まったルーティンではありません。各人の性格や趣味、家族との関係までを知ったうえで計画を立てます。例えば、料理が好きな人には料理をリハビリのメニューに取り入れることもあります。各人各様の対応が求められるから、難しくもありおもしろくもあるのだと思います。
 作業療法は精神領域、身体障害領域、発達障害領域、老年領域と四つのカテゴリーにわかれますが、私は発達障害の方面に進みたいと考えています。サークル活動で知的障害をもった方々とサッカーを通じて交流しているうちに、だんだんと彼らの力になりたいと考えるようになりました。
 作業療法士はカバーする領域が広いので勉強量は多いですが、いずれ臨床の現場に立ったときに戸惑わないようにしたいです。患者さんが何を望み、どうなりたいのかを汲み取れる療法士になっていきたいです。そして障害者の方々の人生がより良くなるように関わり、さらに一般社会との橋渡し役になれればと思っています。
images

グループ発表で課題を多方面から検討 教員を交えてのチームワーク実習 ボランティア・サークルで障害者によるサッカーをサポート 教員による実技指導を傾聴 作業療法評価実習で乳幼児の歩き方を体験 仲間と交替で身体のメカニズムを学習