群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 業 績

▌プロフィール

笠松 哲光
かさまつ てつひろ 笠松 哲光 Tetsuhiro Kasamatsu 基礎保健学ユニット 生体情報検査学領域 website

現 職
群馬大学大学院保健学研究科生体情報検査科学講座 助教

資 格
臨床検査技師、二級臨床検査士(血液学)

所属学会
日本血液学会、日本臨床検査医学会、日本検査血液学会、日本骨髄腫学会、日本フローサイトメトリー学会、北関東医学会

コメント

血液疾患とサイトカインや免疫チェックポイント分子PD-1、CTLA-4の遺伝子多型の解析やmicro-PIXE法を用いた血球内微量元素の解析などを行っています。

▌教育と研究

研究内容

1.血液疾患におけるサイトカイン遺伝子多型解析:
多発性骨髄腫などの血液腫瘍や特発性血小板減少性紫斑病などの自己免疫疾患における、IL-4、IFN-γ、IL10などのサイトカインやそのレセプターを制御している遺伝子多型の解析をしています。

 

2.マイクロPIXEによる造血器腫瘍細胞における微量元素の動態解明:
骨髄異形成症候群患者赤血球や骨髄腫細胞内の微量元素分布を、高崎量子応用研究所のイオン照射研究施設(TIARA)にて大気micro-PIXE法を用いて解析しています。

 

3.血液疾患における免疫チェックポイント遺伝子多型解析:
免疫チェックポイントは「免疫のブレーキ」として働く分子であり、過剰なブレーキが腫瘍免疫応答の無効化に関与する。この免疫チェックポイント遺伝子多型と血液疾患の関連を解析している。

教育業務

主に、保健学科検査技術科学専攻学生に対し、血液検査学の講義・実習を行っている。

▌業 績

(著書)

  1. 笠松哲光、齋藤貴之、村上博和. 臨床検査のガイドライン JSLM2015. 宇宙堂八木書店420-426
  2. 笠松哲光、齋藤貴之、村上博和. 病気の話し 多発性骨髄腫.検査と技術 Vol. 43, 医学書院, 372-378
  3. 村上博和, 齋藤貴之, 笠松哲光. 7.多発性骨髄腫および類縁疾患. スタンダード検査血液学第3版.日本検査血液学会編, 医歯薬出版, 314-326.
  4. 齋藤貴之、笠松哲光、村上博和. V.形質細胞腫瘍~特異な病型~ 1.骨の孤発性形質細胞腫. 多発性骨髄腫Updating 6, 医薬ジャーナル, 226-232.

 

(英文原著)

  1. Takahashi N, Saitoh T, Gotoh N, Nitta Y, Alkebsi L, Kasamatsu T, Minato Y, Yokohama A, Tsukamoto N, Handa H, Murakami H. The cytokine polymorphisms affecting Th1/Th2 increase the susceptibility to, and severity of, chronic ITP. BMC Immunol. 2017; 18: 26.
  2. Kie Nagai, Tetsuhiro Kasamatsu, Chiharu Ohmiya, Tomomi Nagashima, Hiromi Koiso, Akihiko Yokohama, Hiroshi Handa, Norifumi Tsukamoto, Nanami Gotoh, Lobna Alkebsi, Takayuki Saitoh, Kunihiko Hayashi, Hirokazu Murakami. Immunostimulation During and After R-CHOP Therapy for B-Cell Lymphoma. J Clin & Exp Immunol. 2016: 1; 1-7.
  3. Takeaki Nagamine, Tetsuhiro Kasamatsu, Kazuhiro Murakami, Masashi Kohka, Takahiro Satoh, Tomihiro Kamiya, Shoko Goto, Koichiro Sera. Elemental analysis of erythrocytes in patients with chronic liver disease positive for hepatitis C virus. Int J PIXE. 2016; 25: 65-72.
  4. Tetsuhiro Kasamatsu, Takayuki Saitoh, Yusuke Minato, Hiroaki Shimizu, Akihiko Yokohama, Norifumi Tsukamoto, Hiroshi Handa, Toru Sakura, Hirokazu Murakami. Polymorphisms of IL-10 affect the severity and prognosis of myelodysplastic syndrome. Eur J Haematol. 2016; 96(3): 245-51.
  5. Norimaa B, Saitoh T, Kasamatsu T, Minato Y, Murakami H, XRCC1 Arg194Trp and XRCC1 Arg399Gln Polymorphisms Affect Clinical Features and Prognosis of Myelodysplastic Syndromes, kitakanto med J. 2015; 65(1): 11-19.
  6. Suto C, Murakami H, Kobayashi Y, Nagamine T, Saitoh T, Kasamatsu T, Ogawara H, Murakami M. High Frequency of Hepatitis B Core and Surface Antibodies in Hepatitis C Virus-Infected Patients on the Screening Examination. Rinsho Byori 2015; 63: 305-311.
  7. Saitoh T, Kasamatsu T, Inoue M, Mitsui T, Koiso H, Yokohama A, Handa H, Matsushima T, Tsukamoto N, Karasawa M, Ogawara H, Nojima Y, Murakami H. Interleukin-10 gene polymorphism reflects the severity of chronic immune thrombocytopenia in Japanese patients.  Int J Lab Hematol. 2011; 33(5): 526-32.

 

(和文原著)

  1. 土田秀, 神山晴美, 寺田美保, 新井美紀, 笠松哲光, 富岡千鶴子, 竹内浩司 子宮頸部および内膜細胞診標本に腫瘍細胞を認めたが, 原発巣の推定が困難であった卵巣癌の1例 医学検査 62(5):  573 -576 2013