群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 業 績

▌プロフィール

近藤 浩子
こんどう ひろこ 近藤 浩子 Hiroko Kondou 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail
現 職
群馬大学大学院保健学研究科教授
資 格
博士(看護学)、看護師、保健師
認定ヒーリングタッチ・プラクティショナー
所属学会
日本看護科学学会・査読委員、日本看護学教育学会・査読委員、日本精神保健看護学会・査読委員、千葉看護学会・編集委員、日本看護研究学会、日本社会精神医学会、日本精神衛生学会、日本集団精神療法学会、日本芸術療法学会、KJ法学会
コメント
こころとからだの癒し技法をストレスマネジメントに活用したいと考え、タッチの研究を行っています。癒し技法としてのタッチを多くの人に活用してもらうための普及活動も行っていますので、関心のある方はぜひ声をかけてください。

▌教育と研究

研究内容

1.癒し技法としてのタッチの看護への活用に関する研究

2.精神障害者のリハビリテーションに関する研究

3.グループ・アプローチに関する研究

教育業務

学部教育

学びのリテラシー

精神看護学総論、精神看護方法論、リエゾン精神看護、コミュニケーション論

精神看護学実習、卒業研究、他

 

大学院教育

精神看護学特論、精神看護学演習、他

▌業 績

1.近藤浩子、阿達瞳、秋山美紀、林世津子:精神看護学実習における学生のポジティブ体験とその要因に関する研究、Vol.8(1)、9-19、2013.

2.近藤浩子、小宮浩美、浦尾悠子:癒し技法としてのタッチの受け者と施行者における効果に関する研究、東京医療保健大学紀要、Vol.7(1)、1-10、2013.

3.近藤浩子、東本裕美、益子育代他:精神看護実習における「行動変容サポートシート」活用の試み、日本精神科看護学会誌、Vol.53(2)、203-207、2010.

4.谷本真理子、近藤浩子、石橋みゆき他:千葉大学創立60周年、平成21年度千葉大学看護学部公開講座「慢性疾患看護の魅力-継続看護と退院支援の観点から」、千葉大学看護学部紀要、Vol.32、37-41、2010.

5.吉田文子、神澤久美子、近藤浩子:長期入院患者による生活技能自己評価の試み、日本看護学会論文集、精神看護40、131-133、2009.

6.神澤久美子、吉田文子、近藤浩子:長期入院患者の生活技能評価における課題、回日本看護学会論文集、精神看護40、128-130、2009.

7.東本裕美、岩崎弥生、近藤浩子:地域在住高齢者のグループ回想法の効果に関する一考察、日本看護学会論文集 地域看護 40、68-70、2009.

8.近藤浩子、岩崎弥生:慢性精神障害者の退院を支援するグループ・アプローチに関する研究、第2報、千葉看護学会誌、Vol.15(2)、27-35、2009.

9.近藤浩子、岩崎弥生:慢性精神障害者の退院を支援するグループ・アプローチに関する研究、第1報、千葉看護学会誌、Vol.14(1)、44-52、2008.

10.近藤浩子:基本的コミュニケーションスキル、臨床看護、Vol.34(12):1718-1738、2008.

11.近藤浩子、小林千世:精神看護実習方法の変更による学習効果の比較、-「患者・自己・関わり方に関する尺度」を用いて-、日本看護学会論文集、看護教育35、268-270、2004.

12.小林千世、近藤浩子:実習を通して学生がとらえた精神看護、日本看護学会論文集、看護35、271-273、2004.

13.近藤浩子、尾崎昭英:病棟SSTグループのメンバーがコミュニケーション技能を高めたプロセス、日本看護学会論文集、精神看護35、241-243、2004.

14.尾崎昭英、三添公義、近藤浩子:退院患者の参加が病棟SSTグループにもたらす効果についての一考察、日本看護学会論文集、精神看護35、238-240、2004.

15.上條ゆう子、近藤浩子:SSTが病棟に定着するプロセスの検討、その2、―個人課題のロールプレイを病棟看護に生かす―、日本看護学会論文集、成人看護Ⅱ34、284-286、2003.

16.近藤浩子、上條ゆう子:SSTが病棟に定着するプロセスの検討、その1、―プログラムの変遷とその評価―、日本看護学会論文集、成人看護Ⅱ34、281-283、2003.