群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

松本 竹久
まつもと たけひさ 松本 竹久 Takehisa Matsumoto 応用保健学ユニット 生体情報検査学領域

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 講師

資 格
臨床検査技師 、ICD

所属学会
日本臨床衛生検査技師会、日本臨床微生物学会、日本感染症学会、日本臨床検査医学会、日本ヘリコバクター学会、日本臨床自動化学会、臨床微生物迅速診断研究会

コメント

臨床微生物検査の授業および実習を主に担当しております。また、臨床微生物における代謝異常や発育因子などについての研究をしております。

▌教育と研究

研究内容

1. Bacterial small-colony variants(SCVs)に関わる研究
様々な細菌において持続的な細胞内での代謝不活性状態から生じる栄養要求性変異株であるSCVsについての原因機構の解明の研究をしています。

2. ヒトに感染する難培養性微生物の発育に関する研究
人工培地にて培養が困難な微生物である難培養性微生物を培養可能にするための発育因子の検索・分析研究をしています。

3. 臨床微生物におけるβ-ラクタム系抗菌薬を分解するβ-ラクタマーゼの研究
臨床微生物が保有するβ-ラクタマーゼの分子生物学的な解析をしています。

教育業務

学部教育:
微生物学入門、臨床微生物学、臨床微生物学実習I、臨床微生物学実習II、基礎医学I、臨地実習、チームワーク実習

大学院教育:
生体情報検査科学特別セミナー、生体防御学特講・特論
臨床業務、地域・国際貢献

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

日本臨床微生物学会 評議員
日本臨床微生物迅速診断研究会 幹事
日本臨床検査自動化学会 遺伝子・プロテオミクス委員会 委員

▌業 績

  1. Matsumoto T, Negishi T, Hamada M, Komaki H, Gonoi T, Yaguchi T.
    Nocardia shinanonensis sp. nov., isolated from a patient with endophthalmitis.
    Int J Syst Evol Microbiol. 2016 Jun 2. doi: 10.1099/ijsem.0.001197. [Epub ahead of print]
  2. Yokoyama H, Domen T, Hiragata S, Ogawa T, Matsumoto T, Ishizuka O.
    Postoperative Mycoplasma hominis infection after robot-assisted laparoscopic radical prostatectomy: A case report.
    Asian J Endosc Surg. 2016 May;9(2):146-8.
  3. Negishi T, Matsumoto T, Saito S, Kasuga E, Horiuchi K, Natori T, Takehara K, Sugano M, Honda T.
    Catheter-Related Bacteremia Due to Gordonia sputi in a Patient with Acute Lymphocytic Leukemia: a Case Report.
    Jpn J Infect Dis. 2016 Jul 22;69(4):342-3.
  4. Tooyama H, Matsumoto T, Hayashi K, Kurashina K, Kurita H, Uchida M, Kasuga E, Honda T.
    Candida concentrations determined following concentrated oral rinse culture reflect clinical oral signs.
    BMC Oral Health. 2015 Nov 24;15:150.
  5. Kobayashi M, Yamamoto K, Ogiwara N, Matsumoto T, Shigeto S, Ota H.
    Helicobacter heilmannii-like organism in parietal cells: A diagnostic pitfall.
    Pathol Int. 2016 Feb;66(2):120-2.
  6. Nakamura K, Kamijo F, Negishi T, Matsumoto T, Okuyama R, Uhara H.
    Primary cutaneous nocardiosis caused by Nocardia concava.
    J Dermatol. 2015 Nov;42(11):1121-2.
  7. Horiuchi K, Matsumoto T, Ota Y, Kasuga E, Negishi T, Yaguchi T, Sugano M, Honda T.
    Addition of thymidine to culture media for accurate examination of thymidine-dependent small-colony variants of methicillin-resistant Staphylococcus aureus: a pilot study.
    J Microbiol Methods. 2015 Mar;110:40-4.
  8. Kobayashi Y, Uehara T, Kawasaki K, Sugano M, Matsumoto T, Matsumoto G, Honda T.
    Three-dimensional analysis of alveolar wall destruction in the early stage of pulmonary emphysema.
    Clin Anat. 2015 Mar;28(2):227-34.
  9. Horiuchi K, Matsumoto T, Ohno Y, Kasuga E, Negishi T, Yaguchi T, Sugano M, Honda T.
    Intra-abdominal Mycoplasma hominis infection in a liver transplant recipient: a case report.
    Jpn J Infect Dis. 2014;67(3):232-3.
  10. Okamura T, Suga T, Nagaya T, Arakura N, Matsumoto T, Nakayama Y, Tanaka E.
    Antimicrobial resistance and characteristics of eradication therapy of Helicobacter pylori in Japan: a multi-generational comparison.
    Helicobacter. 2014 Jun;19(3):214-20.