群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

輿石 一郎
こしいし いちろう 輿石 一郎 Ichiro Koshiishi 基礎保健学ユニット 生体情報検査学領域 E-mail
現 職
群馬大学医学部保健学科教授
資 格
日本薬学会ファルマシア委員会アドバイザー、厚生労働省薬事・食品衛生審議会専門委員、薬剤師
所属学会
日本薬学会、電子スピンサイエンス学会、日本NO学会
コメント
多くの病態の誘導機構として”酸化ストレス仮説”が提唱されておりますが、
その分子機構はまだまだ謎ばかりです。当研究室では、病態誘導の主役と考えられる活性酸素種・フリーラジカルの生体内挙動を明らかにすることで、その全容を解明しようとしています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 動脈硬化や虚血再灌流障害等は酸化ストレス疾患と考えられている。これら疾患の病態誘導機構として“酸化ストレス仮説”が提唱されている。この仮説の信憑性を明らかにすることを目的として、病態誘導に関与するフリーラジカル種を特定し、その機序を解明する研究を実施している。
  2. 細胞を用いる医療では、対象組織に人工的な細胞外マトリックスを構築することが望まれる。そのためには、流動性の有るマトリックス材料を短時間にハイドロゲル化する必要がある。そのための手法として、ラジカル連鎖反応に着目し、その制御系を構築する研究を実施する。
教育業務

(前期課程:分子情報分析科学、後期課程:生態情報科学)

学部教育

分析化学、分析化学実習、化学、化学実習、生化学

大学院教育

前期課程: 生体環境保健情報科学分野、分子情報分析科学特別研究
後期課程: 生体環境保健情報科学分野、生体情報科学特別研究

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

・日本薬学会 ファルマシア委員会アドバイザー

・日本薬学会 Chemical & Pharmaceutical Bulletin編集委員

・厚生労働省 薬事・食品衛生審議会専門委員

▌業 績

  1. Ryo Yamasaki, Jian Zhang, Ichiro Koshiishi, Dewi F. Sastradipura Suniarti, Zhou Wu, Christoph Peters, Michael Schwake, Paul Saftig, Yasuo Uchiyama, Jun-ichi Kita, Hideo Utsumi, Hiroshi Nakanishi. Involvement of lysosomal storage-induced p38 MAP kinase activation in the overproduction of nitric oxide by microglia in cathepsin D-deficient mice. Mol. Cell. Neurosci., 35, 573-584, 2007.
  2. Tokuko Takajo, Kazunori Tsuchida, Koichi Ueno, Ichiro Koshiishi. Feedback activation of ferrous 5-lipoxygenase during leukotriene synthesis by coexisting linoleic acid. J. Lipid Res., 48, 1371-1377, 2007.
  3. Akiko Morimoto, Kenji Hamase, Tomohiro Ohgusu, Sachise Etoh, Hiroyuki Tanaka, Ichiro Koshiishi, Yukihiro Shoyama, Kiyoshi Zaitsu. Immunohistochemical localization of D-alanine to b-cells in rat pancreas.Biochem. Biophys. Res. Commun., 355, 872-876, 2007.
  4. Ichiro Koshiishi, Tokuko Takajo, Kazunori Tsuchida. Regulation of S-thiolation and S-nitrosylation in the thiol-nitric oxide system by radical scavengers. Nitric Oxide, 16, 356-361, 2007.
  5. Tokuko Takajo, Kazunori Tsuchida, Tsuyoshi Murahashi, Koichi Ueno, Ichiro Koshiishi. Intramolecular rearrangement of linolenate peroxyl radicals in lipoxygenase reactions at lower oxygen content. J. Lipid Res., 48, 855-862, 2007.
  6. Ichiro Koshiishi, Kazunori Tsuchida, Tokuko Takajo, Makiko Komatsu. Radical scavenger can scavenge lipid allyl radicals complexed with lipoxygenase at lower oxygen content. Biochem. J., 395, 303-309, 2006.
  7. Ichiro Koshiishi, Kazunori Tsuchida, Tokuko Takajo, Makiko Komatsu. Quantification of lipid alkyl radicals trapped with nitroxyl radical via HPLC with postcolumn thermal decomposition. J. Lipid Res., 46, 2506-2513, 2005.