群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

安部 由美子
あべ ゆみこ 安部 由美子 Yumiko Abe 基礎保健学ユニット 生体情報検査学領域 E-mail

現 職
群馬大学大学院保健学研究科生体情報検査科学講座 准教授

資 格
Editorial Board of Endocrine Journal、日本内分泌学会評議員、日本生殖内分泌学会評議員、日本下垂体研究会評議員、日本学術振興会 特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員・書面評価員(2015年~2016年)、群馬県女医会理事、群馬大学医師会理事、医師

所属学会
日本内分泌学会、日本生殖内分泌学会、日本下垂体研究会、日本比較内物学会、The Endocrine Society (USA)、日本臨床化学会、日本産科婦人科学会、Medical Women’s International Association

コメント

種々の細胞で様々な作用を発揮している増殖因子アクチビンとインヒビン、及びアクチビンの結合蛋白質フォリスタチンの作用と産生調節機序を研究しています。インヒビンとアクチビンには複数の分子種が存在するため、分子種に特異的な測定法も開発しています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 多機能性の成長因子/サイトカインであるインヒビン、アクチビンの胎児-胎盤系における作用と産生調節機序について、胎児発育に適した子宮内環境の維持という観点から、絨毛膜羊膜炎および早産との関連に着目して研究している。
  2. インヒビン、アクチビンおよびアクチビン結合蛋白質の測定法を開発している。
教育業務
学部教育

臨床化学Ⅰ、臨床化学Ⅱ、臨床化学実習Ⅰ、臨床化学実習Ⅱ、遺伝子検査学、細胞培養技術学演習、RI検査技術学、検査管理総論、臨地実習、チームワーク実習、発達と老化(医学科)

大学院教育

(前期課程:分子情報分析科学特別研究III 後期課程:基礎情報科学特別研究)

大学院前期課程:分子情報分析科学特論、分子情報分析科学演習、生体情報検査科学特別セミナー

大学院後期課程:分子情報分析科学特講、分子情報分析科学演習、生体情報検査科学研究概論

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

WHO協力センター多職種連携教育研究研修センター スタッフ

A member of the Scientific Program Subcommittee, 26th International Congress of the Medical Women’s International Association (2004)

▌業 績

  1. Horii T, Arai Y, Yamazaki M, Morita S, Kimura M, Itoh M, Abe Y, Hatada I. Validation of microinjection methods for generating knockout mice by CRISPR/Cas-mediated genome engineering. Sci Rep. 2014 Mar 28;4:4513.
  2. Horii T, Morita S, Kimura M, Kobayashi R, Tamura D, Takahashi RU, Kimura H, Suetake I, Ohata H, Okamoto K, Tajima S, Ochiya T, Abe Y, Hatada I. Genome engineering of mammalian haploid embryonic stem cells using the Cas9/RNA system. PeerJ. 2013 Dec 23;1:e230.
  3. Abe Y, Marukawa R, Tsuru N, Sato M, Matsuda H, Sadakata H, Kameda T, Minegishi T. Gram-negative bacterial lipopolysaccharide stimulates activin a secretion from human amniotic epithelial cells. Int J Endocrinol. 2013;2013:789012.
  4. Abe Y, Komatsubara M, Saito M, Toda M, Shinozaki H, Tamura T, Kasahara Y, Sedakata H, Minegishi T. Activin A is stimulated by tumor necrosis factor-alpha and modulates collagen gene expression in human amniotic cells. J Endocrinol Invest. 2013 Jul-Aug;36(7):515-520.
  5. Igarashi S, Igarashi T, Abe Y, Liang SG, Minegishi T, Igarashi M. Important initiative roles of CD44 and Tenascin in Sampson’s theory of the pathogenesis and development of endometriosis. J Endometriosis Pelvic Pain Disorders 5(3):100-104, 2013
  6. Makino T, Shinozaki H, Hayashi K, Lee B, Matsui H, Kururi N, Kazama H, Ogawara H, Tozato F, Iwasaki K, Asakawa Y, Abe Y, Uchida Y, Kanaizumi S, Sakou K, Watanabe H. Attitudes toward interprofessional healthcare teams: A comparison between undergraduate students and alumni. J Interprof Care. 2013 May;27(3):261-268.
  7. Hayashi T, Shinozaki H, Makino T, Ogawara H, Asakawa Y, Iwasaki K, Matsuda T, Abe Y, Tozato F, Koizumi M, Yasukawa T, Lee B, Hayashi K, Watanabe H. Changes in attitudes toward interprofessional health care teams and education in the first- and third-year undergraduate students. J Interprof Care, 26(2):100-107, 2012
  8. Takamatsu M, Goto M, Abe Y. Bioconcentration of 4-n-Nonylphenol in the Common Carp (Cyprinus carpio). Fresenius Environmental Bulletin 18(8):1503-1506, 2009
  9. Ogawara H, Hayashi T, Asakawa Y, Iwasaki K, Matsuda T, Abe Y, Tozato F, Makino T, Koizumi M, Yasukawa T, Watanabe H. Systemic inclusion of mandatory interprofessional education in health professions curricula at Gunma University: a report of student self-assessment in a nine-year implementation. Human Resources for Health 7(60):1-8, 2009.
  10. Abe Y, Sinozaki H, Takagi T, Minegishi T, Kokame K, Kangawa K, Uesaka M, Miyamoto K. Identification of 2,3,7,8-tetrachlorodibenzo-p-dioxin (TCDD)-inducible genes in human amniotic epithelial cells. Reprod Biol Endocrinol 4 (27):1-9, 2006.
  11. Ibuki Y, Abe Y, Ibuki Y, Minegishi T. The Stimulatory Effect of Activin on PRL Production in GH3 Cells Cultured in a Serum-Free Medium. Kitakanto Med J 56(1): 1-9, 2006.
  12. Abe Y, Minegishi T, Leung PC. Activin receptor signaling. Growth Factors 22 (2):105-110, 2004.
  13. Shimizu K, Murata T, Tagawa T, Takahashi K, Ishikawa R, Abe Y, Hosaka K, Kubohara Y. Calmodulin-dependent cyclic nucleotide phosphodiesterase (PDE1) is a pharmacological target of differentiation-inducing factor-1, an antitumor agent isolated from Dictyostelium. Cancer Res 64(7):2568-2571, 2004.
  14. Igarashi M, Ikuma K, Yamada Y, Abe Y, Igarashi S, Minegishi T. High CD44 content in ovarian endometriotic cysts. Fertil Steril 80(4):1065-1066, 2003.
  15. 安部由美子,峯岸敬. アクチビン・インヒビンによる生殖制御機構. 内分泌・糖尿病・代謝内科44(1):7-14, 2017.
  16. 安部由美子,峯岸敬. 視床下部の構造. 視床下部の機能. 下垂体の構造. 下垂体の機能調節. 百枝幹雄編集,基礎からわかる女性内分泌,診断と治療社(東京),2016年,pp.2-9.
  17. 安部由美子,峯岸敬. LH, FSH. 内分泌・糖尿病・代謝内科,第36巻特別増刊号pp.153-159,2013.
  18. 安部由美子. 研究室紹介. 日本生殖内分泌学会雑誌 Vol.16:36-37,2011.
  19. 安部由美子. 生殖医療. 石原勝敏,末光隆志総編集,生物の事典,朝倉書店(東京),2010年,pp.357-363.
  20. 安部由美子,宮本薫. インヒビン,アクチビン. 臨床検査 52(11), 増刊号「ホルモンの病態異常と臨床検査」pp.1276-1280, 医学書院(東京),2008.