群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

臼田 滋
うすだ しげる 臼田 滋 Shigeru Usuda リハビリテーション領域 基礎保健学ユニット E-mail

現 職
群馬大学医学部保健学科 教授

資 格
理学療法士

所属学会
日本理学療法士協会、理学療法科学学会、日本リハビリテーション医学会、日本老年医学会、日本体力医学会、日本公衆衛生学会、日本小児保健学会、日本リハビリテーション連携科学学会、日本医学教育学会

コメント

基本的動作能力について、三次元動作解析装置や加速度計などを用いた基礎的な研究や臨床で使用できる評価尺度の開発を研究しています。また、神経系障害のバランス、健康関連体力、転倒、社会参加などに関する研究にも取り組んでいます。

▌教育と研究

研究内容
  1. 臨床評価指標の開発に関する研究:理学療法の臨床において、標準化された評価指標を活用することが重要です。信頼性、妥当性を備えた評価指標の開発や有効性の検証を行っています。
  2. 機能的制限に対する理学療法に関する研究:起き上がり動作、立ち上がり動作、歩行などの機能的制限について、三次元動作解析や加速度計などを使用したバイオメカクニクスの解析や、理学療法介入の有効性などを検討しています。
  3. 障害構造の分析に関する研究:機能障害、活動制限、参加制約の状況や、背景因子を含む障害構造について検討しています。
教育業務

学部教育

保健学科理学療法学専攻の学生に対し、理学療法の講義・実習を行っています。

大学院教育

(前期課程:基礎理学療法学特別研究)

前期課程において、主に神経系理学療法に関連した専門的知識・技術を教授しています。

(後期課程:基礎リハビリテーション学特別研究)

後期課程において、主に神経系理学療法を中心に、研究の実践や論文作成などを教授しています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

附属病院リハビリテーション部の臨床に参加し、主に神経系疾患の理学療法を行っています。

地域・国際貢献

群馬県理学療法士会理事、群馬神経系理学療法研究会幹事として、研修会の企画・運営等を行っています。

▌業 績

  1. 宮田一弘、小泉雅樹、岩井優香、小林正和、臼田滋:BESTest、Mini-BESTest、Brief-BESTestにおける得点分布の特性と転倒予測精度に関する検討、理学療法学 43:118-129、2016
  2. Kobayashi M, Usuda S: Development of a clinical assessment test of 180-degree standing turn strategy (CAT-STS) and investigation of its reliability and validity. J Phys Ther Sci 28: 646-653, 2016
  3. Isho T, Usuda S: Association of trunk control with mobility performance and accelerometry-based gait characteristics in hemiparetic patients with subacute stroke. Gait & Posture 44: 89-93, 2016
  4. Takeuchi N, Takezako N, Shimonishi Y, Usuda S: Effect of high-intensity pulse irradiation with linear polarized near-infrared rays on muscle tone in patients with cerebrovascular disease: a randomized controlled trial. J Phys Ther Sci 27: 3817-3823, 2015
  5. Asakura T, Hagiwara H, Miyazawa Y, Usuda S: An accelerometer-based method for estimating fluidity in the sit-to-walk task. J Phys Ther Sci 27: 3565-3569, 2015
  6. 萩原晃、朝倉智之、和田直樹、臼田滋:歩行停止動作における二重課題の影響、理学療法科学 30(5):679-682、2015
  7. Miyata K, Usuda S: Changes in corticospinal excitability with short-du- ration high-frequency electrical muscle stimulation: a transcranial magnetic stimulation study. J Phys Ther Sci 27: 2117-2120, 2015
  8. 大河原七生、臼田滋:脳卒中片麻痺患者における感覚情報の違いが静的バランス、機能障害に及ぼす影響、理学療法科学 30(3):345-352、2015
  9. Isho T, Tashiro H, Usuda S: Accelerometry-Based Gait Characteristics Evaluated Using a Smartphone and Their Association with Fall Risk in People with Chronic Stroke. Journal of Stroke and Cerebrovascular Diseases 24(6): 1305-1311, 2015
  10. Okawara N, Usuda S: Influences of visual and supporting surface conditions on standing postural control and correlation with walking ability in patients with post-stroke hemiplegia. J Phys Ther Sci 27: 1323-1327, 2015
  11. Kobayashi M, Takahashi K, Sato M, Usuda S: The characteristics of multi-directional step distance and the association between stepping laterality and walking ability of patients with stroke. J Phys Ther Sci 27: 905-909, 2015
  12. 朝倉智之、今井忠則、外里冨佐江、浅川康吉、山路雄彦、李範爽、中澤理恵、勝山しおり、高橋麻衣子、臼田滋:群馬大学医学部保健学科理学療法学・作業療法学専攻在学生のキャリア教育に関する現状とニーズの調査、群馬保健学紀要 35:29-42、2015
  13. Kobayashi M, Takahashi K, Sato M, Usuda S: Association of performance of standing turns with physical impairments and walking in ability in patients with hemiparetic stroke. J Phys Ther Sci 27: 75-78. 2015
  14. Okamura S, Wada N, Tazawa M, Sohmiya M, Ibe Y, Shimizu T, Usuda S, Shirakura K: Injuries and disorders among young ice skaters: relationship with generalized joint laxity and tightness. J Sports Med 18: 191-195, 2014
  15. Yoshino J, Usuda S: The Reliability and Validity of the Clinical Competence Evaluation Scale in Physical Therapy. J.Phys.Ther.Sci 25: 1621-1624, 2013
  16. 宮田一弘、臼田滋:運動前の2種類の異なる電気刺激が上肢運動パフォーマンスとピンチ力に与える影響、理学療法科学 29:315-319、2014
  17. 朝倉智之、臼田滋、坂本雅昭、山路雅彦、浅川康吉、中澤理恵、久留利菜菜、松田祐一、中川和昌:群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業生の卒後継続教育の現状と課題、群馬保健学紀要 34:101、2014
  18. 大河原七生、臼田滋:脳卒中片麻痺患者における視覚と支持面の条件の違いが立位姿勢制御に及ぼす影響、理学療法科学 29:33-38、2014
  19. Asakura T, Usuda S: Effects of directional change on postural adjustments during the sit-to-walk task. J Phys Ther Sci 25: 1377-1381, 2013
  20. 幸地大州、大角梢、柳澤正、臼田滋:回復期リハビリテーション病棟における病棟練習の実施状況の推移とその効果、理学療法科学 28:77-81、2013
  21. 大角哲也、新谷和文、臼田滋:脳卒中患者における指示の仕方の違いによる二重課題の遂行能力への影響、理学療法科学 28:151-155、2013
  22. Shinohara T, Usuda S: Are contents of physical therapy in nine Japanese hospitals for inpatients with stroke related to inpatients’ and physical therapists’ characteristics? J Phys Ther Sci 25: 641-647, 2013
  23. Tomita Y, Usuda S: Temporal motor coordination in the ankle joint following upper motor neuron lesions. J Phys Ther Sci 25: 539-544, 2013
  24. 荒木綾平、臼田滋:リクライニング車いすの姿勢条件が体圧とずれ力に及ぼす影響:褥瘡会誌 15:111-118、2013
  25. 邑口英雄、後閑浩之、臼田滋:在宅脳卒中者のバランスと歩行能力に及ぼすプラスチック製短下肢装具の効果、理学療法科学 28:361-364、2013
  26. 長谷川智、臼田滋:歩行リズムに着目した介入により、歩行能力が向上した右被殻出血の一症例:理学療法群馬 23:46-52、2012
  27. 芳野純、臼田滋:理学療法における臨床能力評価尺度(Clinical Competence Evaluation Scale in Physical Therapy: CEPT)の開発と信頼性の検討、理学療法科学 27:651-655、2012
  28. Takeuchi N, Kuwabara T, Usuda S: Association between the tones of the ankle plantar flexors and duration of illness in patients with cerebrovascular disease. J Phys Ther Sci 24: 1289-1294, 2012
  29. 浅川育世、佐藤裕子、臼田滋:国際生活機能分類「活動制限」の評価の検者間信頼性—FIM対応コードからの検討—、理学療法科学 26:149-155、2011
  30. 朝倉智之、臼田滋、白倉賢二:座位からの歩行開始動作における流動性の決定要因、理学療法科学 26:251-254、2011
  31. 篠原智行、宮田一弘、大谷知浩、岡村有希子、小泉雅樹、佐々木泰彦、臼田滋:Balance Evaluation Systems Test (BESTest)の信頼性と妥当性の検討、理学療法科学 26:381-385、2011
  32. 竹内伸行、桑原岳哉、臼田滋:脳血管障害患者における足関節底屈筋の筋緊張と最大筋伸張度の関連性、理学療法学 38:351-357、2011
  33. 篠原智行、臼田滋:多施設間共同研究による入院脳卒中者に対する理学療法介入内容の分析、理学療法学 38:364-373、2011
  34. Shinohara T, Usuda S: Association of ability to rise from bed with improvement of functional limitation and activities of daily living in hemiplegic inpatients with stroke: a prospective cohort study. J Phys Ther Sci 22: 29-34, 2010
  35. 芳野純、臼田滋:医療施設における理学療法士の継続教育の現状、理学療法科学 25(1):55-60、2010
  36. 幸地大州、柳澤正、臼田滋:当院回復期リハビリテーション病棟における病棟練習の効果について、理学療法群馬 21:16-19、2010
  37. 芳野純、二渡玉江、大谷健、臼田滋:自立した理学療法士が獲得すべき能力に関する質的研究、理学療法学 37:410-416、2010
  38. 竹内伸行、桑原岳哉、臼田滋:Ankle Plantar Flexors Tone Scaleによる腓腹筋とヒラメ筋の筋緊張の鑑別、理学療法科学 25:797-801、2010
  39. 篠原智行、清水美保子、松本和彦、平石武士、臼田滋:脳卒中片麻痺患者における起き上がり動作自立度と身体機能との関連性、理学療法科学 25:833-836、2010
  40. Asakawa Y, Usuda S, Mizukami M, Imura S: Moderator and mediator effects of personal factors in patients with stroke. J Phys Ther Sci 21: 55-63, 2009
  41. Sato T, Yamaji T, Inose H, Sato E, Yoshikawa A, Usuda S, Watanabe H: Extended application of WISH type S-form hip brace for patients with bilateral painful hip osteoarthritis: report of two cases. Prosthet Orthot Int 33(2): 173-8, 2009
  42. 竹内伸行、横澤栄里、桑原岳哉、臼田滋:直線偏光近赤外線照射による脳血管障害片麻痺患者の筋緊張抑制効果-サブグループ分布,無作為化比較対照試験による検討-、理学療法科学 24(4):599-604、2009
  43. 竹内伸行、横澤栄里、桑原岳哉、臼田滋:筋緊張評価におけるhand-held dynamometerを用いた他動的関節抵抗トルクの妥当性、総合リハ 37(9):847-855、2009
  44. 浅川育世、臼田滋、佐藤弘行:疾患の予後や転帰に影響する個人因子の重要性について-茨城県内の理学療法士へのアンケート調査より-、理学療法科学 24(5):647-652、2009
  45. Takeuchi N, Kuwabara T, Usuda S: Development and evaluation of a new measure for muscle tone of ankle plantar flexors: the ankle plantar flexors tone scale. Arch Phys Med Rehabil 90(12): 2054-61, 2009
  46. Sato T, Yamaji T, Inose H, Sekino Y, Uchida S, Usuda S, Takagishi K, Shirakura K, Watanabe H: Effect of a modified S-form hip brace, WISH type, for patients with painful osteoarthritis of the hip: a role in daily walking as a hip muscle exercise. Rheumatol Int 28(5): 419-428, 2008
  47. 竹内伸行、田中栄里、桑原岳哉、臼田滋:直線偏光近赤外線照射が脳血管障害片麻痺患者の痙縮に与える影響-無作為化比較対照試験による神経照射と筋腹照射の検討-、理学療法学 35(1):13-22、2008
  48. 寺垣康裕、新谷和文、臼田滋:脳血管障害患者における座位前方リーチテストの臨床的有用性の検討、理学療法科学 23(1):151-155、2008
  49. 浅川育世、臼田滋、佐藤弘行:理学療法士における国際生活機能分類の認知度と活用状況、理学療法科学 23(2):267-273、2008
  50. 芳野純、佐々木祐介、臼田滋:回復期リハビリテーション病棟患者の退院後日常生活活動変化の特徴と関連因子、理学療法科学 23(4):495-499、2008
  51. 浅川育世、居村茂幸、臼田滋、菅谷公美子、可児佑子:回復期リハビリテーション病棟に入院した脳血管障害者の転帰に影響を及ぼす因子の検討、理学療法科学 23(4):545-550、2008
  52. 佐藤江奈、佐藤貴久、吉川絢子、山路雄彦、臼田滋、渡辺秀臣:変形性股関節症におけるWISH型股関節装具の動的バランスに及ぼす影響―Cross test、Timed up and go test、Multi-directional reach testの比較検討―、The Kitakanto Medical Journal  58:387-396、2008
  53. 中山かおり、臼田滋、佐藤由美、山田淳子、沼田加代、根岸恵子、佐藤和子、白井久美子、齋藤泰子:山間過疎地域における高齢者の転倒予防・閉じこもり予防教室実施前後の転倒関連要因の変化、群馬保健学紀要 27:71-78、2007
  54. 篠原智行、内田恵理、臼田滋:脳卒中片麻痺患者における起き上がり所要時間と空間知覚および体性感覚との関連性、理学療法科学 22:413-417、2007
  55. 菊池良太,臼田滋,山口晴保:脳卒中者の参加に影響を与える要因、理学療法群馬 18:10-15、2007
  56. 竹内伸行、田中栄理、桑原岳哉、臼田滋:Modified Ashworth ScaleとModified Tardieu Scaleの関連性の検討-脳血管障害片麻痺患者における足関節底屈筋の評価-、総合リハ 34:169-173、2006
  57. 沼田加代、根岸恵子、平良あゆみ、佐藤和子、臼田滋、佐藤由美、中山かおり、齊藤泰子:山間過疎地域における高齢者の転倒と関連する運動実態、群馬保健学紀要 26:27-34、2006
  58. 竹内伸行、田中栄理、桑原岳哉、臼田滋:Modified Tardieu Scaleの臨床的有用性の検討 脳血管障害片麻痺患者における足関節底屈筋の評価、理学療法学 33:53-61、2006
  59. 寺垣康裕、新谷和文、末木恒治、入内島弘太、山内順子、臼田滋:脊柱後彎評価を目的とした座位円背指数計測の信頼性と妥当性、理学療法科学 19:37-140、2004
  60. 山路雄彦、渡辺純、浅川康吉、松田祐一、臼田滋、遠藤文雄、内山靖、坂本雅昭、山口晴保、中澤次夫、茂原重雄:理学療法教育における客観的臨床能力試験(OSCE)の開発と試行 、理学療法学 31:348-358、2004
  61. 臼田滋:脳卒中片麻痺患者における機能的動作尺度 Functional Movement Scale (FMS)の信頼性と妥当性の検討、理学療法学 31:375-382、2004
  62. 臼田滋:基本動作能力を測定するための機能的動作尺度の開発、理学療法科学 15:173-179、2000
  63. 臼田滋、山端るり子、遠藤文雄:地域在住女性高齢者のバランス能力と下肢筋力、歩行能力との関連性、理学療法科学 14:33-36、1999
  64. 臼田滋、遠藤文雄、小林照美、関真由美、鈴木庄亮:在宅脳卒中患者の主介護者の介護負担感に影響を及ぼす介護者のリソースに関する研究、理学療法学 26:298-304、1999
  65. 山端るり子、臼田滋、遠藤文雄:健常女性における膝屈伸筋群の等速性筋出力特性と年齢、歩行能力との関係、理学療法科学 13:179-183、1998
  66. 山端るり子、臼田滋、遠藤文雄:健常中高年女性における、家庭で行う筋力トレーニングが筋力・バランス・歩行に与える影響について、理学療法科 13:89-94、1998
  67. Usuda S, Araya L, Umehara K, Endo M, Shimizu T, Endo F: Construct validity of Functional Balance Scale in stroke inpatients. J Phys Ther Sci 10: 53-56, 1998
  68. 臼田滋、茂木信介、冨田敦子、鈴木庄亮:脳卒中患者の主介護者における介護負担感および主観的健康度とその関連要因、日本公衛誌 43(9):854-863、1996
  69. Usuda S, Yamaji T: Reliability of computer-based video motion analysis and electromyographic analysis of sit-to-stand movement. J Phys Ther Sci  8(2): 49-54, 1996
  70. 臼田滋、山路雄彦:立ち上がり動作における運動学的分析ー椅子の高さによる影響ー、運動生理 9(4):187-192、1994