群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

神田 清子
かんだ きよこ 神田 清子 Kiyoko Kanda 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail
現 職
群馬大学大学院保健学研究科 教授
資 格
日本看護研究学会理事、日本看護科学学会査読委員、がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン委員長、群馬がん看護研究会理事長、群馬緩和医療研究会世話人、北関東医学会評議委員、日本看護協会員
所属学会
日本がん看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本緩和医療学会、群馬がん看護研究会
コメント
がん患者・家族のセルフマネジメント、症状緩和支援、End of Life Careに関する研究を行っています。大学院教育では、がん看護専門看護師の育成も行っています。
がん相談に参加し、教育と臨床実践の有機的な連携を図っています。また、群馬がん看護ネットワークづくりを行っています

▌教育と研究

研究内容
  1. がん治療(化学療法・放射線)の副作用症状緩和への効果的な看護介入:末梢神経障害など副作用の実態を質的、量的に調査し、その結果に基づいて、セルフマネジメントできるような効果的な介入について研究を進めている。
  2. がん治療を受ける患者・家族の症状、精神・心理尺度の開発:介入効果判定のための測定用具の開発が不可欠である。外来化学療法を受けているがん患者の気がかり評定尺度の開発、がんサバイバーの化学療法に関連する末梢神経障害の包括的評価尺度の開発を行う。またICTを利用したセルフマネジメント教育に関する研究を実施している。
教育業務

学生が自ら考え、判断、行動できるよう学習支援をしています。学部では生涯人間発達学、成人・老年看護学総論、成人看護学方法論Ⅰ、慢性病看護論、卒業研究ほか担当。

大学院(前期・後期)では、専門知識・能力に基づき高度のがん看護を実践できる人材、がん看護分野で新たなエビデンスを構築し、社会に貢献できる教育・研究者を育成しています。 平成18年度から、がん看護専門看護師養成コースの教育を行っています。関東がん専門医療人養成拠点(新がんプロ)(文科省採択事業 2017年~)。コンサルテーション論ほかがん看護専門看護師養成に関連する科目等多数担当。がん看護のエビデンスを創出し、世界に発信する人材育成を目指しています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

群馬大学医学部附属病院において、保健学科がん看護分野の教員と臨床のがん看護専門看護師と
ともに「がん相談」を毎週水曜日午後に開催し、がん患者・家族の様々な問題の相談を受けてい
ます。
また、外来化学療法運営委員会、群馬県がん診療連携協議会看護部会の委員であり、群馬県が厚生労働省より委託され群馬大学が実施主体の群馬県がん分野における質の高い看護師育成研修(平成21年~25年)、中堅看護師実務研修事業(平成26年~)当初からの企画、評価委員、がん診療連携拠点病院市民講座・懇話会など企画運営にも参加しています。

地域・国際貢献

1) がん看護を考える会や群馬がん看護研究会の主催:
後者はがん看護に関する研究、教育および実践の発展と向上に努めることを目的に平成16年11月13日設立(http://gunma-gankango.dept.health.gunma-u.ac.jp/)

 

2) 地域で生活するがん療養者と共につくる支援ネットワーク形成:
群馬がん患者団体連絡協議会を設立、がんピアサポーターの活動を推進する研究や冊子を作成し、普及活動をしています。

 

3) 第一次、第二次がんプロ、新がんプロ(平成29年7月~)に参画:
がん看護専門看護師をはじめ、広くがんに関連する研修を実施。新がんプロでは「希少がん」「ライフステージに対応した医療」「希少がライフステージに対応した医療」などに関与。

▌業 績

  1. Kiyoko Kanda, Keiko Fujimoto, Ayumi Kyota:Emotional responses to persistent chemotherapy-induced peripheral neuropathy experienced by patients with colorectal cancer in Japan. Asia Pac J Oncol Nurs 4:233-240, 2017
  2. 橋本晴美,吉田久美子,神田 清子:「がん患者の呼吸困難感」の概念分析.日本看護研究学会雑誌40 (1)45-56.2017
  3. Kumiko Y,Kiyoko K:Development and validation of the Self-care Agency Scale for Cancer Patients European Journal of Oncology Nursing. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL 67:13-21,2017
  4. Onbe H, Kanda K.:Development and testing of the Attitude Scale for the Dietary Therapy of Hemodialysis Patients. Jpn J Nurs Sci. May 4.1-10,2017( May 4. doi: 10.1111/jjns.12170).
  5. Kwon IG, Cho MS, Ham YH, Shin HY, Fujimoto K, Kikuchi S, Lee B, Kanda K.:The validity and reliability of the Korean version of the Cancer-chemotherapy Concerns Rating Scale. Jpn J Clin Oncol. Mar;46(3):260-3. 2016
  6. Ayumi K,Kiyoko K, Masako H, Kenji N, Keiko F: Pain from Persistent hemotherapy-Induced Peripheral Neuropathy in Colon Cancer Patients in Japan. Annals of Cancer Research.3:1-5. 2016
  7. 藤本桂子,神田清子、京田亜由美、本多昌子、菊地沙織、今井洋子: Oxaliplatinによる末梢神経障害「しびれ」を経験する大腸がん患者の精神的ストレス内容と対処.日本がん看護学会誌30(2)63-70.2016
  8. 瀬沼 麻衣子, 藤本 桂子, 神田 清子: 重粒子線治療を選択した前立腺がん患者の治療選択における意思決定プロセス.日本がん看護学会誌30(2)90-98. 2016
  9. 角田明美, 望月留加, 神田清子:死を認知した再発・進行がん患者が希望を見いだすプロセス.The Kitakanto Medical Journal 66(3)201-209,2016
  10. Ishida K, Ishida J, Kiyoko K.:Psychosocial reaction patterns to alopecia in female patients with gynecological cancer undergoing chemotherapy. Asian Pac J Cancer Prev. 16(3):1225-33. 2015
  11. Hirai K, Kanda K, Takagai J, Hosokawa M.Development of the Hirai Cancer Fatigue Scale: Testing its reliability and validity. Eur J Oncol Nurs. Aug;19(4):427-32. 2015
  12. Ishida K, Kenichi N, Kiyoko K., The Process through which Gynecologic Cancer Survivors Undergoing Chemotherapy Overcome Loss and Adopt New Values.The Japan Association of Comparative Culture 116,243-255,2015.
  13. 川田 智美, 神田 清子:不確かな状況を生きる骨髄異形成症候群患者がコントロール感覚を獲得するプロセス.日本看護研究学会雑誌37(5)11-22.2014
  14. 中澤 健二, 神田 清子, 京田 亜由美, 本多 昌子:大腸がん患者における持続性末梢神経障害が社会生活に及ぼす影響The Kitakanto Medical Journal64(4)313-323.2014
  15.  平井 和恵, 神田 清子, 細川 舞, 高階 淳子:日本人がん患者の倦怠感の感覚に関する研究.The Kitakanto Medical Journal64(1) 43-49.2014
  16.  Yukiko Kaneko, Kikuo Koitabashi, Kiyoko Kanda, The Process of End-of-life Cancer Patients Making Meaning in Continuous Purposeful Touch Intervention. THE KITAKANTO MEDICAL JOURNAL ,査読有64(1),1-12,2014.
  17. Yajima M, Kanda K. :Empirical analysis of content of support in regional intractable disease consultation. Jpn J Nurs Sci. Jun;10(1):109-20. 2013
  18. Kano T, Kanda K.: Development and validation of a chemotherapy-induced taste alteration scale. Oncol Nurs Forum. Mar;40(2):E79-85. 2013
  19. Seyama Ruka,Kanda kiyoko:The process by which families of glioblastoma patients come through emotional pain and prepare for hospice care. Journal of hospice & palliative nursing12(2)2010
  20. 神田清子,石田順子,石田和子,堀越真奈美,伊藤民代,狩野太郎:外来化学療法を受けているがん患者の気がかり評定尺度の開発と信頼性・妥当性の検討.日本がん看護学会誌, 21(1),3-13, 2007.