群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

山口 晴保
やまぐち はるやす 山口 晴保 Haruyasu Yamaguchi リハビリテーション領域 地域・国際保健学ユニット E-mail
現 職
群馬大学医学部保健学科教授
資 格
医師、日本リハビリテーション医学会専門医
所属学会
日本リハビリテーション医学会、日本認知症学会、日本老年精神医学会、全国地域リハビリテーション研究会
コメント
認知症と地域リハを研究テーマ に、アルツハイマー病の脳βアミロ イド沈着の病理学的研究、認知症 の早期診断のための臨床研究、地 域に暮らしながら必要なリハサー ビスを受けられる地域リハ推進活動などを行っています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 認知症、特にアルツハイマー病の病因・病態の解明と治療法の開発
  2. 認知症に対する脳活性化リハビリテーションの開発
  3. 地域リハビリテーション支援体制の推進
  4. 介護予防の普及・啓発に関する研究
教育業務
学部教育

主に、神経内科学、機能解剖学、臨床病態学を担当

大学院教育

(前期課程:地域理学療法学特別研究 後期課程:基礎理学・作業療法学特別研究)
前期課程
地域理学療法学特論・演習や地域理学療法学特別研究、加齢老年学特論などを担当
後期課程
基礎理学・作業療法学特講・演習や特別研究を担当

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

附属病院の神経内科外来を担当するほか、関連施設で認知症の診療に従事。

地域・国際貢献

群馬大学地域貢献特別支援事業「地域リハビリテーション支援プロジェクト」を主宰し、群馬県内の地域リハビリテーションの支援体制づくりに貢献してきた。また、群馬県地域リハビリテーション協議会委員長を務め、県内に地域リハビリテーション広域支援センターを要として研修や啓発を行う活動体制を構築してきた。また、昨年より介護予防事業も活動に組み込み、介護予防サポーターの育成を開始している。

▌業 績

  1. Thal DR, Larionov S, Abramowski D, Wiederhold KH, Van Dooren T, Yamaguchi H, Haass C, Van Leuven F, Staufenbiel M, Capetillo-Zarate E.: Occurrence and co-localization of amyloid beta-protein and apolipoprotein E in perivascular drainage channels of wild-type and APP-transgenic mice. Neurobiol Aging in press.
  2. Capetillo-Zarate E, Staufenbiel M, Abramowski D, Haass C, Escher A, Stadelmann C, Yamaguchi H, Wiestler OD, Thal DR.: Selective vulnerability of different types of commissural neurons for amyloid beta-protein-induced neurodegeneration in APP23 mice correlates with dendritic tree morphology. Brain 2006;129:2992-3005.
  3. Huang SM, Mouri A, Kokubo H, Nakajima R, Suemoto T, Higuchi M, Staufenbiel M, Noda Y, Yamaguchi H, Nabeshima T, Saido TC, Iwata N.: Neprilysin-sensitive synapse-associated amyloid-beta peptide oligomers impair neuronal plasticity and cognitive function. J Biol Chem 2006;281:17941-51.
  4. Yamaguchi H.: Illustration of dynamic changes in Alzheimer pathology: from mild cognitive impairment to terminal stage. Neuropathology 2005;25:285-7.
  5. Thal DR, Capetillo-Zarate E, Schultz C, Rub U, Saido TC, Yamaguchi H, Haass C, Griffin WS, Del Tredici K, Braak H, Ghebremedhin E.: Apolipoprotein E co-localizes with newly formed amyloid beta-protein (Abeta) deposits lacking immunoreactivity against N-terminal epitopes of Abeta in a genotype-dependent manner. Acta Neuropathol (Berl). 2005;110:459-71.
  6. Kokubo H, Kayed R, Glabe CG, Saido TC, Iwata N, Helms JB, Yamaguchi H.: Oligomeric proteins ultrastructurally localize to cell processes, especially to axon terminals with higher density, but not to lipid rafts in Tg2576 mouse brain.
    Brain Res 2005;1045:224-8.
  7. kokubo H, Kayed R, Glabe CG, Yamaguchi H. Soluble Abeta oligomers ultrastructurally localize to cell processes and might be related to synaptic dysfunction in Alzheimer's disease brain. Brain Res 2005;1031:222-8.