群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

二渡 玉江
ふたわたり たまえ 二渡 玉江 Tamae Futawatari 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail

現 職
群馬大学医学部保健学科 教授

資 格
博士(医学)、看護師、救急救命士、日本がん看護学会代議員、日本看護科学学会代議員、日本看護研究学会評議員、群馬がん看護研究会理事、NPO法人群馬救急医療推進協会理事、北関東医学会評議員

所属学会
日本がん看護学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本乳がん看護研究会、日本乳癌学会、看護学教育学学会 など

コメント

術を受けるがん患者の意思決定、心理適応過程の支援に関する研究を行っています。
同じ講座の 神田教授とともに、がん看護専門 看護師教育、がん看護研究会、外来がん看護相談を行い、教育と臨床の連携、研究成果の実践活用を進めています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 乳がん患者のQOLと回復過程の関連要因の解明に関する研究
  2. ボディイメ-ジの変容を伴う患者の看護に関する研究
  3. がん患者の意思決定に関わる支援に関する研究
  4. がん患者に関わる看護師のストレス・コーピングに関する研究
  5. 成人看護学、周術期看護教育の効果的な教授方法に関する研究
教育業務

大学院教育
(前期課程:がん看護学特別研究)
(後期課程:応用看護学特別研究)

論文コース:
がん看護学特論Ⅰ、がん看護学演習Ⅰ(CNS共通)、特別研究(CNS共通)
がんCNSコース:
がん看護理論、がん看護学特論、がん看護学演習、がん看護学実習 など

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

(群馬大学医学部附属病院看護部と共同のもの)
がん相談
乳腺看護外来相談カンファレンス など

地域・国際貢献
  1. 群馬がん看護研究会の活動として、がん看護に貢献する学術集会の開催、会員のスキルアップのためのセミナーの開催を実施
  2. 地域で生活するがん療養者との支援ネットワーク形成として、患者会の組織化を支援
  3. NPO法人群馬救急医療推進協会の活動を通して、救急心肺蘇生法、外傷初期医療などを啓蒙、普及することによって救急知識と技術の向上を図る
  4. 群馬県看護協会が開催する教育活動、実習指導者講習会などの支援 など

▌業 績

  1. Masataka Horikoshi, Tamae Futawatari: The Process of Accepting Functional Impairments among Male Rctral Patients after Surgery, THE KITAKNTO MEDICAL JOURNAL(KMJ)67:1-11,2017
  2. 砂賀道子、二渡玉江:乳がんサバイバーのレジリエンスを促進する要素、日本がん看護学会誌28(1)11-20,2014
  3. Eiko Hagiwara and Tamae Futawatari, A Concept Analysis: Empowerment in Cancer Parients, Kitakanto Med J,63:165-174,2013
  4. 砂賀道子、二渡玉江:がんサパイパーシップにおける回復期にある乳がんサパイパーの がんと共に生きるプロセス、Kitakanto Med J,63:345-355,2013
  5. 萩原英子、二渡玉江:乳房の異常を自覚し手術に臨む乳がん愚者のがんの認知プロセス、 看護研究学会雑誌34(5)、21-30、2012
  6. 乳房温存術を受けた乳がん患者に関する看護研究の動向と課題:二渡玉江、砂賀道子、 堀越政孝、武居明美、高橋陽子、慶瀬規代美、中西陽子、神田清子,Kitakanto Med J,60 (1),17-23,2010