群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

篠崎 博光
しのざき ひろみつ 篠崎 博光 Hiromitsu Shinozaki 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail

現 職
群馬大学大学院保健学研究科教授

資 格
医師、医学博士、日本産婦人科学会認定医、臨床医遺伝専門医、
新生児蘇生法インストラクター

所属学会
日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会、日本母性衛生学会、日本周産期・新生児医学会、日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、日本内分泌学会、日本糖尿病・妊娠学会、日本保健医療福祉連携教育学会 など

▌教育と研究

研究内容
  1. ウィメンズヘルス・周産期に関する研究
    ・帝王切開の至適週数に関する研究
    ・妊婦のシートベルト着用に関する研究
    ・月経前緊張症と産後うつ病の関連に関する検討
    ・月経困難症と月経前緊張症の関連に関する検討
  2. 多職種連携教育・連携協働に関する研究
    ・周産期プロバイダーの多職種連携教育・協働に対する態度と
    多職種連携教育の効果に関する研究
  3. 栄養管理と健康に関する研究
    ・透析患者に対する管理栄養士による栄養指導の有用性の検討
    ・胃がん術後患者に対する管理栄養士による栄養指導の有用性に関する検討
教育業務

学部教育

チームワーク原論、チームワーク実習、母性保健論、母性看護方法論、
助産診断技術論Ⅱ、Ⅵなど

 

大学院教育

博士前期課程 ウィメンズヘルス特論、フィジカルアセスメント、母性看護学特論Ⅰ
母性看護学・助産学演習、母性看護学・助産学特別研究など
博士後期課程 母子看護学・助産学特論、母子看護学・助産学演習、応用看護学特別研究

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

附属病院で産科婦人科診療では周産期を担当しております。
また、臨床遺伝診療部で産婦人科関連の遺伝相談も担当しております

地域・国際貢献

・多職種連携教育の啓蒙・推進ならびにエビデンスの創出
群馬大学多職種連携教育研究研修センター(WHO協力センター)ならびに
群馬大学保健学研究科多職種連携教育推進室室長として国内外での
多職種連携教育の啓蒙・推進ならびにエビデンスの創出に従事している。

・産科救急、新生児蘇生、産科期超音波・胎児心拍数モニタリングに関する講習会に
講師として参加している。

▌業 績

  1. Repeated cross-sectional study of the longitudinal changes in attitudes toward interprofessional health care teams amongst undergraduate students.
    Kururi N, Makino T, Kazama H, Tokita Y, Matsui H, Lee B, Kanaizumi S, Abe Y, Uchida Y, Asakawa Y, Shinozaki H, Tozato F, Watanabe H.
    J Interprof Care. 28(4):285-291, 2014.
  2. A case of radioactive iodine exposure during pregnancy
    Sadakata H, Shinozaki H, Higuchi T, Minegishi T.
    J Obstet Gynaecol Res. 40(12):2201-2203, 2014.
  3. Attitudes toward interprofessional healthcare teams: a comparison between undergraduate students and alumni.
    Makino T, Shinozaki H, Hayashi K, Lee B, Matsui H, Kururi N, Kazama H, Ogawara H, Tozato F, Iwasaki K, Asakawa Y, Abe Y, Uchida Y, Kanaizumi S, Sakou K,Watanabe H.
    J Interprof Care. 27(3):261-268, 2013.
  4. Activin A is stimulated by tumor necrosis factor-alpha and modulates collagen gene expression in human amniotic cells.
    Abe Y, Komatsubara M, Saito M, Toda M, Shinozaki H, Tamura T, Kasahara Y, Sedakata H, Minegishi T.
    J Endocrinol Invest. 7:515-520, 2013.
  5. Changes in attitudes toward interprofessional health care teams and education in the first- and third-year undergraduate students.
    Hayashi T, Shinozaki H, Makino T, Ogawara H, Asakawa Y, Iwasaki K, Matsuda T, Abe Y, Tozato F, Koizumi M, Yasukawa T, Lee B, Hayashi K, Watanabe H.
    J Interprof Care. 26:100-107, 2012.
  6. Differential Response of Myogenic C2C12 Cells toHypoxia between Growth and Muscle-Induction Phase: Growth Differentiation and Motility.
    Kaori Sato, Kosuke Saida, Takashi Yanagawa, Toshio Fukuda, Kenji Shirakura, Hiromitsu Shinozak, Hideomi Watanabe.
    J.Phys.Ther.Sci. 23:161-169, 2011.
  7. Lymphangioleiomyomatosis suspected to be a gynecologic disease.
    Yamashita S, Nakamura K, Shinozaki H, Minegishi T.
    J Obstet Gynaecol Res 37(3):267-269, 2011.
  8. Plasma adrenomedullin levels during multiple pregnancy.
    Shinozaki H, Aoki H, Kasahara Y, Kangawa K, Minegishi T.
    Gynecol Obstet Invest. 39(3):169-173, 2010.
  9. Interprofessiol education initiatives at Gunma University: Simulated interprofessional training for students of various health science professions: Advanced Initiatives in
    Interprofessional Education in Japan: Japan Interprofessional
    Ogawara H, Hayashi T, Yasuyoshi Asakawa, Kiyotaka Iwasaki, Tamiko Matsuda, Yumiko Abe, Fusae Tozato, Takatoshi Makino, Hiromitsu Shinozaki, Misako Koizumim, Takako Yasukawa, and Hideomi Watababe.
    Working and Education Network, Springer, 113-129, 2009.