群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

常盤 洋子
ときわ ようこ 常盤 洋子 Yoko Tokiwa 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail
現 職
群馬大学医学部保健学科教授
資 格
保健師、助産師、看護師、養護教諭(1級)、博士(ヒューマンケア・科学)
所属学会
日本助産学会、日本看護科学学会、日本母性衛生学会、日本カウンセリング学会
コメント
母親意識の発達に関する研究、出産体験の意味づけに関する
研究、生涯学習の視座からとらえた助産師基礎教育と臨床の協働型継続教育プログラムの開発に関する研究を行っています。
また、母性看護外来(看護専門外来)で妊娠・出産にかかわる悩みや不安に関する看護相談を行ってます。

▌教育と研究

研究内容

女性の発達段階における母性意識の発達と看護支援、育児期の母親支援のプログラム開発とその評価、出産体験の再構築に関する看護支援、不妊治療を受けて多胎児と診断された夫婦への心理的援助、妊産褥婦に対する助産診断と助産および看護専門職への教育プロフラムの開発に関する研究課題について研究を進めています。

教育業務
学部教育

母子看護学総論、助産学総論、周産母子論、家族看護論、助産診断・技術論、助産管理論、助産管理実習、受胎調節実地指導論を担当しています。また、教養教育の学習原論(妊娠と出産-女性の心と体の健康)も担当しています。

大学院教育

(前期課程:母子看護学特別研究 後期課程:臨床看護学特別研究)

大学院前期課程では、周産母子看護学特論、周産母子看護学演習、周産母子看護学特別研究を担当し、母性看護学、助産、助産管理に関する研究課題について研究計画の立案、データ収集と分析、研究論文の作成を指導しています。
大学院後期課程では、性と生殖に関する健康問題の把握と看護支援のあり方について教育・研究を行い、これを教育・研究できる高度看護専門職を育成しています。特に、女性の発達段階における母性意識の発達と看護支援、育児期の母親支援のプログラム開発とその評価、妊産褥婦に対する助産診断と助産および看護専門職への教育プロフラムの開発に関する研究課題について研究指導を行っています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

群馬大学医学部附属病院看護部と群馬大学医学部保健学科教員による看護相談連携事業による「母性看護相談室(看護外来)」を開設し、週1回外来における看護相談事業を行っています。ここでは、附属病院の産科外来を受診されている女性を対象に、お母さんになることに関する心配や子どもを産むか産まないかについて、助産師が看護相談(看護カウンセリング)を行っております。主に、子どもを生むか生まないかについて悩んでいる女性の悩みや不安や妊娠や出産、育児についてモヤモヤした気持ちを聴いて、気持ちの整理を支援します。必要に応じて家族(夫婦)面接を行っています。

地域・国際貢献

学会活動では日本母性看護学会や日本助産学会の企画委員長等役員を務め、看護学研究の発展に貢献している。また、研究領域は看護学のみならず、学際的共同研究にも積極的に参加し、地域への成果還元に努めています。
学外の活動としては、群馬県看護協会ファーストレベル講師、群馬県専任教員養成講習の講師を努め、群馬県母性衛生学会幹事の常任理事の役割を果たし、地域貢献、職能団体への貢献に努めております。

▌業 績

  1. 児玉正博・松井豊(編),常盤洋子:生涯発達の中のカウンセリングⅣ 看護現場でいきるカウンセリング 「母性看護における母親支援とカウンセリング」67-90,サイエンス社,2014.
  2. 伊藤まゆみ(編),常盤洋子:看護に活かすカウンセリングⅠ 「母性看護領域:母親のメンタルヘルスを支援するためのコミュニケーション・スキル」76-84,ナカニシヤ出版,2014.
  3. 横尾京子(編),常盤洋子:助産師基礎教育テキスト第6巻 産褥期のケア「新生児期・乳児期のケア-産褥期のケア-」,6-31,日本看護協会出版会.
  4. 松本淳子・高橋真理(編),常盤洋子:周産期ナーシング 正常な分娩,121-168,2012,ヌーベルヒロカワ.
  5. 中島久美子,早川有子,常盤洋子:妊娠期の妻が満足と感じる夫の関わりに影響する要因の検討,母性衛生,55(4),668-676,2015.
  6. Nakajima Kumiko,Kunikiyo Kyoko,Fukasawa Tomoko,Tokiwa Yoko:Analysis of Multiparous Couples’ Perceptions of Husbands’ Supportiveness for their Wives’ Satisfaction during Pregnancy,The Kitakanto Medical Journal,63(1),51-59,2013.
  7. 中島 久美子,常盤 洋子:「妊娠期の妻への夫の関わり満足感尺度」の信頼性・妥当性の検討,日本助産学会,27(1),16-28,2013.
  8. 中島久美子,常盤洋子:夫婦の認識から捉えた「妊娠期の妻への夫の関わり満足感尺度」の作成,日本助産学会,26,163-176.
  9. 今井充子,常盤洋子:我国の行政による子育て支援の視点と課題に関する文献検討, The Kitakanto Medical Journal,61,377-386,2011.
  10. 中島久美子,常盤洋子:妊娠初期の妻が満足と感じる夫の関わりにおける夫婦の認識,日本助産学会誌,25,45-56,2011.
  11. 荒井洋子,國清恭子,常盤洋子・他: 不妊治療後に妊娠し出産した女性が不妊体験を意味づけるプロセス, 日本生殖看護学会誌,8,23-31,2011.
  12. 常盤洋子:出産体験の自己評価と産褥早期の産後うつ傾向の関連,日本助産学会誌,17(2),27-38+,2003.
  13. 常盤洋子,今関節子:出産体験自己評価尺度の作成とその信頼性・妥当性の検討,日本看護科学学会誌,20(1),1-9,2000.