群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

吉田 亨
よしだ とおる 吉田 亨 Tohru Yoshida 地域・国際保健学ユニット 看護学領域 E-mail

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 教授

資 格
保健学博士、日本公衆衛生学会認定専門家

所属学会
日本健康教育学会(理事)、日本ヘルスプロモーション学会(常任理事)、日本公衆衛生学会(代議員)、日本健康福祉政策学会、日本地域看護学会、日本栄養改善学会(評議員)、日本健康学会(評議員)

コメント

地域保健活動に不可欠な健康教育とヘルスプロモーションについて研究しています。住民(当事者)参加による保健福祉のまちづくりに特に関心があり、大学院では地域健康推進学を担当しています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 新公衆衛生運動としてのヘルスプロモーションと、それに内包される健康教育や、社会・文化・政策的環境への介入に関する研究。
  2. 公衆衛生実践・地域福祉実践として行われる各種の保健福祉活動に関する、量的研究や地域基盤型参加研究。
教育業務
学部教育

主に保健師教育に対応した科目を担当しています。
具体的には、看護学専攻必修の、公衆衛生学・健康教育論・社会福祉論と、検査技術科学専攻必修の公衆衛生学・保健行政論です。保健行政論以外は、全専攻の学生が履修可能な科目です。
また、教養教育では、全学部の学生を対象に、社会学を担当しています。

大学院教育

(前期課程:地域・国際保健学ユニット 後期課程:看護学領域)

前期課程では、地域健康推進学特論・演習・特別研究のほか、基礎保健データ解析学などを分担しています。後期課程では、地域健康推進学特講・演習、地域・国際看護学特別研究を担当しています。
いずれもヘルスプロモーション・健康教育を中心に、看護職をはじめ、あらゆる職種に対応した教育研究指導を行っています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

主に専門職を対象に、ヘルスプロモーションや健康教育に関する講演をしています。

▌業 績

  1. 町田大輔,吉田 亨.野菜・果物栽培活動実施者と非実施者それぞれの夏野菜栽培開始時期と収穫時期における野菜・果物摂取状況および身体活動状況の比較-中高年男性の場合-.栄養学雑誌 2017; 75: 113-119.
  2. 町田大輔,串田 修,吉田 亨.地域における野菜の栽培と地域住民の野菜摂取量との関連-政府統計を用いた,都道府県レベルでの地域相関研究-.日本健康教育学会誌 2017; 25: 85-92.
  3. 堀越政孝,常盤洋子,牛久保美津子,近藤浩子,吉田 亨,佐光恵子,神田清子.群馬県内の病院看護職の属性と在宅を見据えた看護実践度との関連.厚生の指標 2017; 64(4): 35-40.
  4. 吉田 亨.社会福祉の仕組みと障害者福祉.小山 洋,辻 一郎編.シンプル衛生公衆衛生学2017.東京:南江堂,2017:363-366.
  5. 町田大輔,尾上治子,吉田 亨.群馬県内で行われた食に関する講習会参加者における自家製野菜の栽培と野菜摂取量との関連について.日本食育学会誌 2016; 10: 109-114.
  6. 近藤浩子、牛久保美津子、吉田 亨、豊村 暁、佐光恵子、神田清子、常盤洋子、堀越政孝、松崎奈々子.群馬県内病院看護職の在宅を見据えた看護活動に関する実態調査.Kitakanto Medical Journal 2016; 66: 31-35.
  7. 町田大輔,吉田 亨.先進国の成人における自家製野菜の栽培・摂取と野菜摂取量との関連に関する系統的レビュー.栄養学雑誌 2015: 73; 62-68.
  8. 吉田 亨.ヘルスプロモーション.荒賀直子,後閑容子編.公衆衛生看護学.jp 第4版.東京:インターメディカル.2015:13-20.
  9. Harumi Bando, Tohru Yoshida. Prevention of children’s exposure to second-hand smoke: a biochemical feedback intervention focused on stages of behavioral change. Kitakanto Medical Journal 2014: 64: 125-134.
  10. Harumi Bando, Masanobu Yamakawa, Tohru Yoshida. Factors related to the continuation of smoking among pregnant women: a cross-sectional study in a Japanese city. Japanese Journal of Health Education and Promotion 2013; 21: 135-141.
  11. 吉田 亨.自主グループ活動,健康教育の国際機関・組織.宮坂忠夫,川田智恵子,吉田 亨編.健康教育論 第2版.東京:メヂカルフレンド社,2013:171-172,238-242.
  12. Kazumasa Nakagawa, Yasuyoshi Asakawa, Keiko Yamada, Mitsuko Ushikubo, Tohru Yoshida, Haruyasu Yamaguchi. Benefits of off-campus education for students in the health sciences: a text-mining analysis. BMC Medical Education 2012; 12(84): 1-7.
  13. 五十嵐美絵,吉田 亨.市町村栄養士の事業マネジメントに関する自己効力感とその要因.栄養学雑誌 2011; 69: 148-159.
  14. Harumi Bando, Noriko Johjima, Norie Matsuo, Yukari Kuroki, Naomi Ueda, Tohru Yoshida. Development of 18-month-old infants born to women who smoked during pregnancy: outcome of a health examination at a municipality health center. Medicine and Biology 2011; 155: 230-236.
  15. Harumi Bando, Tohru Yoshida. Kindergarteners’ exposure to passive smoking at home in Japan and China. Kitakanto Medical Journal 2011; 61: 25-30.
  16. 田野ルミ,吉田 亨.視覚障害者の歯科医療・歯科保健の現状と展望-スポーツ団体参加者を対象とした面接調査から-.日本歯科医療管理学会雑誌.45,199-204,2010.
  17. 坂東春美,山川正信,吉田 亨.妊娠期から育児期の喫煙状況の検討-乳幼児健診対象児の母親の場合-.Kitakanto Medical Journal,59,345-350,2009.
  18. 豊島幸子,吉田 亨.養護教諭の職務への自己効力感の要因-自己効力感尺度(試案)を用いて-.日本養護教諭教育学会誌,12,77-86,2009.
  19. 河野敦子,吉田 亨.地区組織活動における個人の自己変革とその要因.日本健康教育学会誌.15,207-219,2007.