群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

川島 智幸
かわしま ともゆき 川島 智幸 Tomoyuki Kawashima 地域・国際保健学ユニット 看護学領域 E-mail
現 職
群馬大学大学院保健学研究科准教授
資 格
高等学校教諭専修免許状(英語)、中学校教諭専修免許状(英語)、通訳案内士(英語)、総合旅行業務取扱管理者(一般旅行業務取扱主任者)など
所属学会
全国語学教育学会、大学英語教育学会、日本「アジア英語」学会、Asia TEFL
コメント
海外の学習塾で中学生に2年間、その後日本の高校で25年間英語を教え、現在は大学で医療英語を教えています。旅行が好きで、これまでに約50か国を訪れました。今や英語は世界中で使われ、私たちの仕事や生活に新しい可能性をもたらしてくれる便利な道具です。そしてこの道具は、音読、筆写、暗唱を繰り返せば必ず手に入ります。一緒に頑張りましょう。

▌教育と研究

研究内容

専門は応用言語学です。国際英語論や非母語話者が話す英語と接することで、日本人英語学習者の英語を話す自信や国際的志向性、英語力の自己評価がどう変わるかを研究しています。また、スピーキングの評価に関する研究にも取り組んでいます。

教育業務

学部では、基礎的な医療英語を身につけ英語を話し書く力を伸ばす授業を、そして大学院では、医学研究に求められる英文の読解力と表現力を養う授業を行っています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

多職種連携教育研究研修センター(WHO協力センター)の活動や、グローバルフロンティアリーダー(GFL)育成事業を通して、保健学研究科が培ってきたチーム医療教育の海外への情報発信や、国際的な視点を持つ医療人の育成に努めています。

▌業 績

    1. Kawashima, T.  A Comparative Study into the Use of Family and Given Names among Japanese, Korean, and Chinese High School Students.  The Journal of Asia TEFL, 7(3): 141-163, 2010
    2. Kawashima, T.  Using World Englishes for Empowerment of EFL Learners.  2010 KATE International Conference Proceedings: 59-63, 2010
    3. Kawashima, T.  Enhancing Learner Self-Confidence by Internationalising Models in Japan. B. Beaven (Ed.), IATEFL 2009 Cardiff Conference Selections: 27-29, 2010
    4. Kawashima, T.  FL Anxiety Studies of Japanese EFL Learners: A Critical Review.  A. M. Stoke (Ed.), JALT 2008 Conference Proceedings: 234-248, 2009
    5. Kawashima, T.  Current English Speaker Models in Senior High School Classrooms.  Asian English Studies, 11: 25-47, 2009
    6. 川島智幸 中学校英語教科書分析―『発信型の英語』の観点から 『英語教育』 57(4): 5-11, 2005
    7. 川島智幸 面接方法が発話に与える影響―ロールプレイを用いた個別面接方式とペア面接方式の比較 『第16回英検研究助成報告 STEP BULLETIN』 43-57, 2004
    8. 川島智幸 異文化理解と高校教育―異文化理解を深める英語の授業での試み 『第19回金子賞懸賞論文入選作品集』 26-52, 2003