群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学研究科博士前期課程 / 地域・国際保健学ユニット

保健学研究の成果を疾患・障害に対する治療に応用する分野の研究及び教育指導を行う。

 地域で生活する個人、家族、集団及び地域社会全体を対象とした保健学知識、技術に関する教育及び研究を指導する。また、国際保健学分野における諸課題を対象とした教育及び研究指導を行う。さらにチーム医療教育機関のネットワークJapan InterprofessionalWorking and Education Network(JIPWEN) を活用し、国際的多職種連携医療教育を推進する。ここでは地域医療の崩壊に伴う諸課題を、地域から、そして国際社会の観点から研究するものであり、WHO の提唱する保健システム強化アプローチの「保健人材」に合致するものである。またここでは、超高齢化地域の諸課題に対応する老年看護を実践する高度専門医療人である専門看護師(老人看護)の教育・養成を行う。

 

地域・国際看護学分野

 地域・国際看護学分野においては、地域で生活する個人、家族、集団及び地域社会全体を対象とした看護技術とその評価に関する研究、特に、地域ケアシステム構築や施策化、地域の健康づくり推進、ケアマネジメント等、行政保健師が関わる研究課題を中心に教育・研究指導を行う。また、ヘルスプロモーションや、それに内包される健康教育と社会・文化・政策的環境への介入に関する教育・研究指導を行う。    高齢者ケアのアウトカムを高めるケア方法・用具の開発と質改善の取り組み、及びケアの経済・経営評価について、在宅療養のケアマネジメント、訪問看護ステーションの経営戦略を課題とした教育・研究指導を行う。在宅療養生活に関連する看護支援について、療養者本人や家族、地域ケアシステムを視点とした研究、特に医療ニーズの高いがん患者や難病療養者をはじめとする慢性病患者を対象とした看護支援の課題について教育・研究指導をする。また、老年看護分野において高度な専門性を発揮する老人看護専門看護師の養成教育を行う。  看護協力計画の開発や発展途上国における看護教育の支援技術、国内外の災害支援技術、災害看護に関する課題について教育・研究指導を行う。また、国際協力計画に参画し看護の立場から高度専門職としての実践能力を発揮できる人材を育成する。

 
内田 陽子
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
牛久保 美津子
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
佐藤 由美
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
伊東 美緒
地域・国際保健学ユニット
看護学領域
大庭 志野
地域・国際保健学ユニット
看護学領域

地域・国際生体情報検査科学分野

 地域・国際生体情報検査科学分野においては、微生物や寄生虫感染症の特殊検査法の開発、病院における感染予防管理のための効果的な処理法の開発及び感染の初期防御での細胞の働きから、最新の免疫学に関する教育・研究を行う。また、観察的研究手法、介入的研究手法等の疫学の理論的側面の教育により、国内外の保健医療分野に寄与する疫学的病因追求実践能力を養成する。さらに、マラリア等の国際感染症や国内外で問題となっている新興・再興感染症の迅速かつ簡便な検査技術の研究・開発を始め、 各国・各地域において生ずる様々な公衆保健学的問題に対処できる高度な能力を涵養するための教育・研究を行う。生体を取り巻く環境からの保健情報の迅速かつ簡便な検査法開発 とその情報を基に、地域・国際の保健対策と評価を実践する。検査・疫学・予防についての高度な知識・技術により、開発途上国の保健医療分野での活躍ができる特色がある。

 
嶋田 淳子
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域
林 邦彦
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域
豊村 暁
地域・国際保健学ユニット
生体情報検査学領域

地域・国際リハビリテーション学分野

 地域・国際リハビリテーション学分野においては、国内外各地域におけるリハビリテーションの実際とその効果、地域に暮らす障害者・高齢者の生き方やニーズなどの研究を行う。認知機能の低下や神経・精神疾患などを有する対象者に対する効果的な関わり方や生活自立への支援、介護予防についても研究する。また、就労支援、認知活動活性化用具の開発、環境因子に対するサービス、国際協力・支援などに関する研究も行う。

 
菊地 千一郎
リハビリテーション領域
地域・国際保健学ユニット
山上 徹也
リハビリテーション領域
地域・国際保健学ユニット