群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科 / カリキュラム / 検査技術科学専攻について

保健学科におけるカリキュラム構成コンセプトは、進展してやまない時代状況を踏まえ、全人的医療の担い手としてまた世界の最前線に立つことのできる人材育成にあります。

看護学専攻
看護学専攻
看護の専門的知識や技術を学びます。病気を予防する健康教育、健康回復への支援、終末期ケア、人間のライフサイクル各期における看護を習得し、高度・専門化した保健医療福祉に対応できるような教育を行います。
検査技術科学専攻
検査技術科学専攻
検査技術科学分野の専門知識や技術を学び、検体検査、生理機能検査、病気早期発見のための検査、遺伝子検査、画像解析などをマスターして、高度・専門化した医療に対応できるような教育を行います。
理学療法学専攻
理学療法学専攻
専門職としての態度や実践的な技能の修得が円滑に図れるよう、科目の枠を超えた教育を心がけ、机上での学習だけではなく、臨床での体験や実習などを通した能動的な学習への支援を重視しています。
作業療法学専攻
作業療法学専攻
健康機能を制限された人に対する専門的な判断力や接触態度を養い、作業活動の活用、評価・治療・援助及び研究に必要な知識と技術を学び、臨床実習で専門職業人としての学習を統合します。

検査技術科学専攻

国際的な活躍ができる臨床検査技師育成を目指しています。  検査技術科学専攻では、「全人的医療」と「チーム医療」をキーワードに、確固とした倫理観と豊かな人間性をもち、高度な技術と知識を備えた臨床検査技師育成を目指しています。そこで、遺伝子検査や画像解析などの最新検査技術の教育に力を入れています。さらにチームワーク実習を通じて、チーム医療の重要性を指導しています。
   また、高度な検査学の教育・研究体制を支える人材の育成を目指しています。このため、卒業研究に1年間を当て、各教員の指導のもと研究を行い、論文作成・発表を行っています。これにより十分な研究手法および研究的思考法を習得し、将来研究職・教育職につく人材育成が可能です。さらに国際社会で活躍できる人材育成のため、英語論文の輪読などを通して、英語による口頭・紙上発表の基本を学びます。国際的視野を広めることを目的に、ワシントン大学医学部臨床検査学科との交換留学も実施しています。 
 以上のとおり、本専攻では日本のみならず、世界で指導的役割を担える臨床検査技師の育成を行っています。
images figure

▌専門基礎・支持的科目

A チームワーク原論全人的医療論
B 生涯人間発達学
C 生化学臨床心理学コミュニケーション論臨床医学I(疾患の総論)統合保健医療論公衆衛生学健康教育論国際病原生物学演習
D 栄養学医療統計学基礎医学III(薬理学)社会福祉論
E 医療生命倫理人間工学概論医療統計学演習老年学地域保健医療推進論チームワーク実習
F 医療工学救急医学
G 国際医療協力論
国際保健医療研修国際・地域ボランティア研修  1~4年次のいずれの時期でも良い。

▌専門科目

H 生体機能学生体構造学臨床検査総論臨床検査総論実習
I 生体構造学実習分析化学基礎生体機能学検査機器総論
J 生体機能学実習医用電子工学基礎医学I(免疫学・微生物学)基礎医学II(病理学)病態組織学実習血液検査学分子生物学基礎生体機能学実習
K 医用電子工学実習臨床病態学病態組織学I病態組織学II組織検査学実習I血液検査学実習I
分析化学実習遺伝子工学臨床化学I生体防御学臨床微生物学臨床微生物学実習臨床生体機能学I臨床生体機能学II
L 保健行政論病態組織細胞学細胞診断学I遺伝子検査学臨床化学II臨床化学実習IRI検査技術学生体防御学実習病原生物学病原生物学実習臨床生体機能学III臨床生体機能学IV臨床生体機能学V臨床生体機能学実習検査管理総論
M 遺伝子検査学実習免疫検査学演習医療安全管理学病院検査学演習I病院検査学演習II病院検査学演習III臨地実習細胞培養技術学演習臨床微生物医療安全管理学実習
N 環境保健学実習医療情報工学臨床薬理学組織検査学実習II細胞診断学II細胞診断学実習
細胞診断学演習臨床細胞診断学実習I血液検査学実習II電子顕微鏡技術学臨床化学実習II臨床生体機能学演習
O 臨床細胞診断学実習II臨床細胞診断学実習III毒物検査学
P 卒業研究
検査技術科学教育の特徴
日進月歩で発展する検査技術科学分野の専門知識や技術を学び、検体検査、生理機能検査、病気早期発見のための検査、遺伝子検査、画像解析などをマスターして、高度・専門化した医療に対応できるような教育を行います。
基礎検査学
生物学、化学、物理学などの教養科目の知識をもとに、臨床検査学の基礎を習得するための分野です。内容は、生化学、臨床化学、基礎生理学、免疫学、遺伝子学の教育と研究を行なっています。
応用検査学
基礎検査学で学んだ知識や技術を発展させ、臨床検査に応用する分野です。内容は臨床生理学、微生物学、医動物学、血液検査学、病理組織学、細胞診断学の教育と研究を行なっています。