群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English
  • 日本語
  • English

保健学科 / カリキュラム / 作業療法学専攻について

保健学科におけるカリキュラム構成コンセプトは、進展してやまない時代状況を踏まえ、全人的医療の担い手としてまた世界の最前線に立つことのできる人材育成にあります。

看護学専攻
看護学専攻
看護の専門的知識や技術を学びます。病気を予防する健康教育、健康回復への支援、終末期ケア、人間のライフサイクル各期における看護を習得し、高度・専門化した保健医療福祉に対応できるような教育を行います。
検査技術科学専攻
検査技術科学専攻
検査技術科学分野の専門知識や技術を学び、検体検査、生理機能検査、病気早期発見のための検査、遺伝子検査、画像解析などをマスターして、高度・専門化した医療に対応できるような教育を行います。
理学療法学専攻
理学療法学専攻
専門職としての態度や実践的な技能の修得が円滑に図れるよう、科目の枠を超えた教育を心がけ、机上での学習だけではなく、臨床での体験や実習などを通した能動的な学習への支援を重視しています。
作業療法学専攻
作業療法学専攻
健康機能を制限された人に対する専門的な判断力や接触態度を養い、作業活動の活用、評価・治療・援助及び研究に必要な知識と技術を学び、臨床実習で専門職業人としての学習を統合します。

作業療法学専攻

生活障害を持つ人々の健康と幸福を促進する支援技術を学びます。  作業療法とは、作業を通して対象者の健康と幸福(well-being)を促進するとても魅力的で、やりがいのある専門職です。作業療法士は、食べたり、着替えたり、入浴したり、家事や仕事、余暇活動や地域活動など、日常の生活のすべての活動を「作業」と呼んでいます。作業療法士は、人々がしたいと望んでいる、する必要にせまられている、為すことが期待されている、様々な作業が行える能力を高めることにより、障害を持っても日常生活が営めるようにします。
 作業が行えなくなる原因は、身体的な機能や、精神的な機能に問題がある場合があります。作業療法学専攻では、障害を持つ人びとの困難と問題に対して理解を深めるために、人体の構造や機能、発達的側面、疾病や障害の構造、健康を支える地域の構造などについて学びます。また、治療的な手段としての作業の理解を深めるために、評価法、治療法、さまざまな治療的技法や理論を学びます。
 卒業生は、医療、福祉、行政などの職場で活躍し、修士課程や博士課程の大学院にも進学しています。近年は少子高齢化社会となり、地域杜会における障害予防や健康増進支援など、作業療法士への期待は急激に高まっています。
images figure

▌専門基礎・支持的科目

A チームワーク原論全人的医療論
B 臨床心理学コミュニケーション論基礎医学I(免疫学・微生物学)基礎医学II(病理学)臨床医学I(疾患の総論)国際病原生物学演習統合保健医療論公衆衛生学健康教育論
C 医療統計学基礎医学III(薬理学)臨床医学II(疾患の各論)臨床医学III(内科学)社会福祉論
D 医療生命倫理人間工学概論医療工学医療統計学演習老年学地域保健医療推進論チームワーク実習
E 国際医療協力論
国際保健医療研修国際・地域ボランティア研修  1~4年次のいずれの時期でも良い。

▌専門科目

F 解剖学I解剖学II生理学I作業療法学概論
G 解剖学実習生理学II人間発達学
H 解剖学実習生理学実習運動学I精神医学I機能解剖学基礎作業学基礎作業学実習I基礎作業学実習II
I 運動学II運動学実習臨床病態学I(内科)臨床病態学II(小児)神経内科学I整形外科学I
精神医学II言語障害治療学作業療法研究法作業療法評価学概論知的精神機能評価学感覚・運動評価学集団行動学見学実習
J 神経内科学II整形外科学II精神医学III総合能力評価学作業療法評価学実習身体障害作業治療学I精神障害作業治療学I発達障害作業治療学I老年期障害作業治療学I日常生活活動学日常生活活動学実習作業治療学実習地域作業療法学概論地域作業療法学各論
K 身体障害作業治療学II精神障害作業治療学II発達障害作業治療学II老年期障害作業治療学II高次脳機能障害作業治療学機能代償学作業療法症例研究原書講読I地域作業療法演習I地域作業療法演習II
L 作業療法総合評価実習
M 作業療法管理論身体障害作業治療学III精神障害作業治療学III作業治療学特別講義原書講読II
N 卒業研究
O 作業療法総合臨床実習
作業療法学教育の特徴
 障害を持つ人々の困難と問題に対して理解を深めるために、基礎的な人体の構造や機能、発達的側面、疾患や障害の構造、健康を支える地域の構造などについて学びます。作業療法の対象となる人々とは、日々の作業に困難が生じている、またはそれが予測される人々であり、大きく4つの領域「身体障害」、「精神障害」、「発達障害」、「高齢期の障害」に分かれています。治療的な手段としての作業の理解を深めるために、4つの領域の評価法、治療法、さまざまな治療的技法や理論を学びます。
身体障害領域の作業療法
 脳血管障害、脊髄損傷、骨折、がん、神経難病、心臓病などの内部疾患などの疾患により、体に障害を持っている方の日常生活支援について学びます。日常生活とは、食事をしたり、トイレに行ったり、買い物に出かけたりするなど私たちが日々行っている生活のことです。支援の方法は2つ、「心身機能の回復」と「生活環境の調整」です。麻痺で動かなくなった手が動くように練習することは前者、障害を持っている方に生活しやすくなる自宅改修を提案することは後者の例です。
 身体障害領域関連授業では、日常生活を支える身体機能や認知機能、上肢機能について深く学び、環境調整に必要な様々なコミュニケーションスキルや知識の活用法について幅広く学びます。
精神障害領域の作業療法徴
 統合失調症、躁うつ病、神経症、摂食障害、アルコール依存症、薬物依存症などの疾患及び心理・社会的要因によって日常生活を行うことが困難となった対象者に対して、その評価と介入の方法を学びます。人が日常生活の中で作業を行うには身体機能や運動機能の要因だけでなく、動機(モチベーション)や自己効力感(自信など)といった心理的要因や、周囲の人の態度(偏見・差別、サポートなど)や社会制度といった社会・環境的要因、さらに、その作業の習慣や行い方・意味づけなどといった諸要因が関係しています。
 精神障害関連授業では、これらの諸要因を評価・介入する具体的な知識と技術と態度を、座学・演習・実習を通して学びます。
発達障害領域の作業療法
 対象となる主な疾患は、脳性麻痺、知的障害、自閉症、注意欠如多動症といった運動障害から知的発達や認知機能の障害と多岐にわたります。また、障害を持ちながら家族 や保育所・学校の先生と共に生活していく視点も不可欠です。そのため、作業療法では基礎医学を基盤とした発達学的なアプローチの他にご家族の支援や地域の専門職との連 携も必要となります。
 発達障害領域関連授業では発達に関する知識や評価法、各疾患に関する知識と治療法を講義と演習(実際にふれあう経験)によって習得します。さらに、家族支援や地域支援の実践例から学ぶ機会も設け、臨床力の高い作業療法士育成を目指します。
高齢期の障害領域の作業療法
 加齢に伴う認知症、生活不活発病、骨折、変形性脊椎症、変形性関節症、脳卒中、心臓病などの内部疾患により日常生活に支障をきたす方が対象です。加齢は誰でも避けることが出来ず、現在の日本が直面している超高齢化社会において高齢期領域の作業療法は特に需要が高まっています。
 高齢期の障害領域関連授業では、年をとることによる体の変化や特徴に対する評価・介入方法に加え、それを上手く補う環境に対する評価・介入方法を座学で学ぶだけでなく、実際の地域へ行き実習や演習として学びます。自立した生活を送れる期間である「健康寿命」を延ばし、身体に不安がありながらも、住み慣れた地域で、大切な方といつまでも楽しく生活が続けられる手段を提供できる臨床力の高い作業療法士の教育を行います。

授業:座学での講義に加え、体験を通した参加型の実習の授業が豊富です。

 臨床の作業療法現場で用いられる知識や技術を座学で学ぶことに加え、実際の体験と実践を通して必要な技術を習得する実習型の授業が多くあります。また、他職種の専門性、チーム医療を理解する上で重要なチームワーク実習という現場を体験するという授業があります。医学科・看護・検査・理学療法専攻の学生と実習を行うことで、職種の違いを通して作業療法の特性をさらに深く学ぶことが出来ます。さらに、海外研修(アメリカ・モンゴル・韓国・台湾)などの教育プログラムが充実しており、世界の作業療法を学び、比較しながら日本の作業療法を学ぶことが出来るようになっています。 images

臨床実習:臨床現場の環境が整っており、安心・充実した経験ができます。

 群馬大学医学部 作業療法学専攻は、1984年に開学した歴史ある伝統校となっています。附属病院と敷地内で繋がっているだけでなく、県内外の臨床現場で非常に多くの卒業生が活躍しているため、教員と連携しながら臨床現場の実習が行いやすい環境が整っています。2年生では臨床現場を見学する実習を行います。3年生では、見学実習の内容を踏まえ、学校で模擬患者を対象とした検査・測定の技術を学ぶ臨床技術実習・試験(OSCE: Objective Structured Clinical Examination)を行い、臨床実習に必要な知識・技術を身につけ備えることが出来ます。その後、3年生で検査・測定を中心とした実習を行い、4年生で検査・測定に加え、治療も含めた臨床実習を行うことが出来ます。

情報配信:SNSを使用して情報配信をしています。

 作業療法学専攻では、Twitter、Instagramを行っています。教員が作業療法専攻の、今、起こっている内容を配信しています。作業療法を学ぶ在学生の状況が分かりますので、是非、見てください。