群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 業 績

▌プロフィール

近藤 由香
こんどう ゆか 近藤 由香 Kondou Yuka 応用保健学ユニット 看護学領域

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 教授

資 格
看護師,保健師,博士(保健学)

所属学会
日本看護研究学会評議員,日本がん看護学会,日本看護科学学会,北関東医学会編集委員,群馬がん看護研究会副理事

コメント

がん患者の症状緩和やがん患者・家族の緩和ケアに関する研究を実施しています。研究を通して,がんの疾患を抱える人や家族によりよい看護ケアを実践していきたいと思っております。がん看護専門看護師の教育も実施していきます。

▌教育と研究

研究内容

1.がん患者の症状緩和に関する研究

2.がん患者のリラクセーション法に関する研究

3.がん患者や家族の緩和ケアに関する研究

教育業務
学生教育
担当科目: 成人・老年看護学総論,成人看護学方法論Ⅰ,成人看護学方法論演習Ⅰ・Ⅱ,成人看護学実習Ⅰ,看護学総合実習,卒業研究,等

 

大学院教育
前期課程:がん看護学特別研究
  論文コース,がん看護CNSコース
  がん看護学特論,がん看護理論,がん看護学演習,等
後期課程:応用看護学特別研究  

 

▌業 績

  1. 石下綾乃,近藤由香:がん患者の睡眠に関する国内研究の動向.群馬保健学研究 40:18-27, 2020.
  2. 近藤由香,中村美香,今井裕子:がん患者への受動的筋弛緩法の介入による指標と主観による評価.日本看護研究学会雑誌 42 (1):65-73, 2019.
  3. Yuka Kondo., Mika Nakamura., Kikuyo Koitabashi : Subjective Assessment of Passive Muscle Relaxation in Healthy Young Adults Based on the Profile of Mood Status Short Form, A Relaxation Questionnaire. Journal of Japan Society of Nursing and Health Care, 20(2) : 1-11, 2018.
  4. Kondo, Y., Koitabashi, K., Kaneko, Y : Experiences of difficulty that patients with cancer faced in the learning process of progressive muscle relaxation.Japan Journal of nursing Science, 6(2) : 123-132, 2009.
  5. 近藤由香:がん患者に対する漸進的筋弛緩法の継続介入の効果に関する研究.日本がん看護学会誌 22(1):86-97,2008.
  6.   近藤由香,渋谷優子:痛みのある外来通院患者のモルヒネ使用に対する懸念と服薬行動に関する研究 日本がん看護学会誌 16(1):86-97,2002.