群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

小山 晶子
こやま あきこ 小山 晶子 Akiko Koyama 地域・国際保健学ユニット 看護学領域

現 職
群馬大学大学院保健学研究科看護学講座 助教

資 格
看護師 修士(看護学)

所属学会
日本公衆衛生学会、日本看護科学学会、日本転倒予防学会、日本認知症ケア学会

コメント

老年看護学を担当しています。高齢者の日常生活能力の評価や転倒予防ケア、地域での高齢者支援体制づくりに関する研究を行っています。県内市町村の介護予防事業(地域ケア会議)に看護の視点で携わっています。

▌教育と研究

研究内容

地域在住高齢者の服薬管理能力の評価、地域における高齢者の支援体制づくり、入院加療中の認知症高齢者へのケア、介護保険施設における高齢者の転倒予防ケア

教育業務

成人・老年看護学総論、老年看護学方法論、老年看護学方法論演習、老年看護学実習

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

1.前橋市認知症初期集中支援チームチーム員(2015‐2018年)

2.群馬県自立支援型ケアマネジメント推進事業アドバイザー(2017年‐)

▌業 績

  1. 小山晶子,内田陽子:群馬県における認知症サポーターの活動内容の検討 認知症サポーターと地域包括支援センター職員の回答から.日本認知症ケア学会誌17(2):431‐440,2018年

  2. 内田陽子,岩崎彩華,小山晶子,清水みどり,川端裕美,髙橋陽子:病院における認知症ケアのアウトカム評価票の実用性の検討.認知症ケア研究誌2:126‐132,2018年

  3. 鈴木峰子,内田陽子,小山晶子:自宅療養を望み自宅死となった非がん終末期高齢入院患者の特徴―患者・家族の状況と入院中に実施された看護に焦点をあてて―.日本エンドオブライフケア学会誌2(1):13‐20,2018年

  4. 内田陽子,井出成美,小山晶子,桐生育恵,松井理恵,尾池久美子,亀ヶ谷忠彦,横山知行,佐藤由美:認知症サポーター活動に関する実態と今後の課題:群馬県内への調査結果より.群馬保健学研究37:63‐68,2017年

  5. Yoko UCHIDA, Akiko KOYAMA, Yurika SAITO, Chieko KUBOTA:Factors Influencing Community Residents’ Confidence in Their Own Health.Japanese Journal of International Nursing Care Research 16(1):71‐78,2017年

  6. 松原昇平,小山晶子,内田陽子,佐藤文美,山口晴保:折り紙認知症スクリーニングテストの開発.日本認知症ケア学会誌15(3):647‐654,2016年

  7. 小山晶子,濱本洋子,佐藤鈴子:中学生が持つ高齢者の生活に関するイメージと高齢者を支援する社会資源への関心の実態:「健康長寿都市」を目指すS市を例として.日本公衆衛生雑誌63(6):310‐318,2016年

  8. 小山晶子,征矢野あや子,小山智史,浅野均,他:介護保険施設における認知症高齢者への身体拘束しない転倒予防ケア.日本転倒予防学会誌2(3):11‐21,2016年

  9. Yoko UCHIDA, Akane KASHIWAZAKI, Akiko KOYAMA, Chieko KUBOTA, Shino TAJIMA:Factors Influencing Community Residents’ Practice of Seven Star Program’s Health Behaviors.Japanese Journal of International Nursing Care Research 14(3) :57‐66,2015年