群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

山上 徹也
やまがみ てつや 山上 徹也 Tetsuya Yamagami リハビリテーション領域 基礎保健学ユニット E-mail website

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 准教授

資 格
理学療法士、専門理学療法士 (生活環境支援理学療法)、認知症ケア上級専門士、認知症予防専門士、福祉住環境コーディネーター

所属学会
日本地域理学療法学会、日本予防理学療法学会、日本認知症学会、日本認知症ケア学会 (代議員)、日本認知症予防学会 (評議員)、日本早期認知症学会、日本公衆衛生学会、北関東医学会

コメント

地域リハビリテーションや介護予防を専門としています。特に研究では認知症者に対するリハビリテーションの評価方法や介入効果を研究しています。障がいの有無に関わらず、すべての人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる地域作りにリハビリテーションの視点で取り組んでいます。

▌教育と研究

研究内容

①認知症者のリハビリテーションとケアに関する研究 (介入方法、評価尺度開発)
②介護予防、健康増進 (集団・個別介入、評価、地域作り)に関する研究
③地域リハビリテーション (訪問、通所、施設)に関する研究
④物・人的環境と対象者の生活機能発揮の関係に関する研究

教育業務

学部教育
生活環境支援学・同実習、症例基盤型実習Ⅳ (地域・在宅)等

大学院教育
前期課程:地域・国際理学療法学特別研究
地域・国際理学療法学特論等

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

介護保険施設や地域の介護予防事業等で理学療法を実施。

地域・国際貢献

・日本理学療法士協会地域包括ケアシステム推進対策本部 研修Ⅱ (介護予防) ワーキンググループ
メンバーとして介護予防推進リーダー育成教材を作成。
・日本理学療法士協会地域理学療法診療ガイドライン策定班員として、地域理学療法診療ガイド
ラインを策定。
・日本認知症ケア学会の試験問題作成委員、学会誌査読委員を担当し、認知症ケアの質の向上に
務める。

▌業 績

書籍

  1. 浅川康吉 (編):Crosskink 理学療法学テキスト 地域理学療法学. メディカルビュー社, 2019 (分担執筆)
  2. 島田裕之, 牧迫飛雄馬, 山田実 (編):高齢者理学療法学. 医歯薬出版, 2018. (分担執筆)
  3. 奈良勲, 内山靖 (編):図解 運動療法ガイド. 文光堂, 2018. (分担執筆)
  4. 牧田光代, 金谷さとみ (編):標準理学療法学 専門分野 地域理学療法学 第4版. 医学書院, 2018. (分担執筆)
  5. 山口晴保 (編):認知症の正しい理解と包括的医療・ケアのポイント ~快一徹!脳活性化リハビリテーションで進行を防ごう~第3版. 協同医書出版, 2016. (共著)

 

研究論文

  1. 藤生大我 、内藤典子、滝口優子、伊東美緒、山上徹也、山口晴保: BPSD の予兆を捉えて予防するための「BPSD 気づき質問票 57 項目版(BPSD-NQ57) 」の 開発. 認知症ケア研究誌3: 24-37, 2019.
  2. 篠原智行、齊田高介、田中繁弥、宮田一弘、山上徹也: 地域高齢者におけるBrief-Balance Evaluation Systems Test(BESTest)のセクション特性の検証. 理学療法科学34: 31-36, 2019.
  3. 藤生大我,山上徹也,山口晴保: 認知症家族介護者がつけたポジティブ日記の内容~ポジティブな気づきの促進に向けて. 日本認知症ケア学会誌17: 735-741, 2019.
  4. Yamagami T, Oka M, Sunagawa N, Onozuka Y, Tanaka Y, Yamaguchi H, Saito M: Influence of concomitant dementia on FIM gain in convalescent rehabilitation: Strategies to provide effective rehabilitation for patients with concomitant dementia. Japanese Journal of Comprehensive Rehabilitation Science 9: 52-58, 2018.
  5. Tanaka S, Yamagami T: Life-space and Related Factors for the Elderly in a Geriatric Health Service Facility. Progress in Rehabilitation Medicine 3: doi.org/10. 11336/jjcrs.9.52, 2018.
  6. 内藤典子、藤生大我、滝口優子、伊東美緒、山上徹也、山口晴保: BPSDの新規評価尺度:認知症困りごと質問票BPSD+Qの開発と信頼性・妥当性の検討. 認知症ケア研究誌2: 133-145, 2018.
  7. 齊藤道子、山上徹也、田中繁弥、浅川康吉、山口晴保: 住民主体の通いの場への参加意向と関連要因の検討―介護保険要支援者の社会参加を促すためのリハ専門職の役割. 理学療法群馬29: 48-58, 2018.
  8. 藤生大我、須田昇司、山田早綾香、山上徹也, 堀越亮平: 介護老人保健施設利用者に対する脳活性化リハに基づいた回想法中の充実度と効果の関係 ~効果的なグループ回想法を実施するために~. 認知症ケア研究誌2: 85-92, 2018.
  9. 佐々直紀、新野直明、柴喜崇、山上徹也: 認知症予防教室の効果-多面的運動介入とグループワークから成る取り組み-. 老年学雑誌 8: 67-81, 2018.
  10. 藤生大我、山上徹也、山口晴保: 認知症家族介護者がポジティブ日記をつけることの効果;BPSDとその負担軽減. 日本認知症ケア学会誌16: 779-790, 2018.

 

その他

  1. 山上徹也: BPSDを予防し、認知症の重度化防止につながる作業回想法. 臨床老年看護25: 31-40, 2018.
  2. 山上徹也, 田中繁弥: 食事支援のための知識、姿勢 (シーティング)を中心に. 認知症ケア事例ジャーナル10: 277-285, 2017.
  3. 山上徹也、山口晴保: 知的活動と認知機能. 老年精神医学雑誌 28: 37-43, 2017.
  4. 山上徹也, 田中繁弥: ハビリテーション専門職教育における高齢者ケア施設での実習. 認知症ケア事例ジャーナル 9: 192-197, 2017.
  5. 山上徹也: 認知症者に対する理学療法評価のポイント. 理学療法 33:18-25, 2016.