群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 業 績

▌プロフィール

後藤 七海
ごとう ななみ 後藤 七海 Nanami Gotoh 応用保健学ユニット 生体情報検査学領域 website

現 職
群馬大学大学院保健学研究科生体情報検査科学講座 助教

資 格
臨床検査技師

所属学会
日本血液学会、日本検査血液学会、日本臨床検査医学会

コメント

ゲノム情報を守るのに重要なDNA修復と免疫担当細胞を制御するサイトカイン、ケモカインを中心に研究しています。血液系のがんや自己免疫疾患との関連を解明し、新しい検査・治療戦略に繋げることを目指しています。

▌教育と研究

研究内容

1. 造血器腫瘍における塩基除去修復遺伝子多型および機能解析

 

急性骨髄性白血病や多発性骨髄腫などを対象にDNA損傷修復経路の一つである塩基除去修復関連遺伝子の多型を解析し、発症や予後との関連を解析しています。また、多型解析から得られたデータをもとに、DNA修復と細胞のがん化や薬剤耐性との関連について研究しています。

 

2. 血液疾患におけるサイトカイン・ケモカイン遺伝子多型解析

 

免疫調整に関わるTh1細胞Th2細胞と関連するサイトカイン・ケモカインの遺伝子多型と特発性血小板減少性紫斑病などの血液疾患との病態との関連について解析しています。

教育業務

検査技術科学専攻の学生を対象とした生体防御学と微生物学の実習を担当しています。
また、全専攻対象のチームワーク実習にも参加しています

▌業 績

  1. Gotoh N, Saitoh T, Takahashi N, Kasamatsu T, Minato Y, Lobna A, Oda T Hoshino T, Sakura T, Shimizu H, Takizawa M, Handa H, Yokohama A, Tsukamoto N, Murakami H. Association between OGG1 S326C CC genotype and elevated relapse risk in acute myeloid leukemia. Int J Hematol. 2018 Sep;108(3):246-253.
  2. Nagashima T, Yokohama A, Nagai K, Kasamatsu T, Gotoh N, Iriuchishima H, Sekigami T, Saitoh T, Handa H, Tsukamoto N, Murakami H. Short-term administration of recombinant human erythropoietin decreases B cell number in human peripheral blood. Transfus Apher Sci. 2018 Apr;57(2):208-214.
  3. Kasamatsu T, Ino R, Takahashi N, Gotoh N, Minato Y, Takizawa M, Yokohama A, Handa H, Saitoh T, Tsukamoto N, Murakami H. PDCD1 and CTLA4 polymorphisms affect the susceptibility to, and clinical features of, chronic immune thrombocytopenia. Br J Haematol. 2018 Mar;180(5):705-714.
  4. Kasamatsu T, Kimoto M, Takahashi N, Minato Y, Gotoh N, Takizawa M, Matsumoto M, Sawamura M, Yokohama A, Handa H, Tsukamoto N, Saitoh T, Murakami H. IL17A and IL23R gene polymorphisms affect the clinical features and prognosis of patients with multiple myeloma. Hematol Oncol. 2018 Feb;36(1):196-201.
  5. Takahashi N, Saitoh T, Gotoh N, Nitta Y, Alkebsi L, Kasamatsu T, Minato Y, Yokohama A, Tsukamoto N, Handa H, Murakami H. The cytokine polymorphisms affecting Th1/Th2 increase the susceptibility to, and severity of, chronic ITP. BMC Immunol. 2017 May 16;18(1):26.
  6. Kasamatsu T, Saitoh T, Ino R, Gotoh N, Mitsui T, Shimizu H, Matsumoto M, Sawamura M, Yokohama A, Handa H, Tsukamoto N, Murakami H. Polymorphism of IL-10 receptor β affects the prognosis of multiple myeloma patients treated with thalidomide and/or bortezomib. Hematol Oncol. 2017 Dec;35(4):711-718.
  7. Nagai K, Kasamatsu T, Ohmiya C, Nagashima T, Koiso H, Yokohama A, Handa H, Tsukamoto N, Gotoh N, Lobna A, Saitoh T, Hayashi K, Murakami H. Immunostimulation during and after R-CHOP therapy for B-cell lymphoma. J Clin & Exp Immunol. 2016 Oct;1(1):1-7.