群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

佐藤 江奈
さとう えな 佐藤 江奈 Ena Satou リハビリテーション領域 応用保健学ユニット

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 助教

資 格
理学療法士

所属学会
理学療法科学学会、北関東医学会

▌教育と研究

研究内容

変形性股関節症の装具療法による身体機能への影響について研究を進めている。

教育業務

保健学科理学療法学専攻の学生に対し、理学療法教育の実習を中心に担当している。

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

整形外科疾患に対する理学療法を中心に、心臓リハビリテーションやデイケアサービスなどにて理学療法を実施。

地域・国際貢献

群馬県理学療法士協会事務局員として事業にかかわっている。

▌業 績

  1. Sato E, Sato T, Yamaji T, Sato T, Hasegawa M, Shirakura K, Yanagawa T, Watanabe H. Effect of the WISH-type hip brace on postural control inpatients with osteoarthritis of the hip: Evaluation using the Cross Test. The Kitakanto Medical Journal ;66:103-110, 2016
  2. Sato E, Sato T, Yamaji T, Watanabe H. Effect of the WISH type hip brace on functional mobility in patients with osteoarthritis of the hip: Evaluation using the Timed Up & Go Test. Prosthet Orthot Int ; 36: 25-32, 2012
  3. Yamaji T, Usuda S, Sato E, Sato T, Sekino Y, Watanabe H. Biomechanical analysis of gait in patients with painful osteoarthritis of the hip treated with WISH-type hip brace. J Orthop Sci ; 14: 423-430, 2009
  4. Sato T, Yamaji T, Inose H, Sato E, Yoshikawa A, Usuda S, Watanabe H. Extended application of WISH type S-form hip brace for patients with bilateral painful hip osteoarthritis: report of two cases. Prosthet Orthot Int ; 33 : 173-8, 2009
  5. 外里 冨佐江, 篠崎 博光, 金泉 志保美, 牧野 孝俊, 齋藤 貴之, 安部 由美子, 吉田 朋美, 松井 弘樹, 時田 佳治, 山路 雄彦, 佐藤 江奈, 李 範爽, 川島 智幸, 鎌田 英男, 岸 美紀子, 蒲 章則, 渡邊 秀臣.【地域・在宅の拡がるIPEの新たな取り組み】 群馬大学のInterprofessional education(IPE)の取り組み(解説/特集): 保健医療福祉連携:10: 119-127, 2017.
  6. 佐藤 江奈, 佐藤 貴久, 吉川 絢子, 山路 雄彦, 臼田 滋, 渡辺 秀臣. 変形性股関節症におけるWISH型股関節装具の動的バランスに及ぼす影響. - Cross test, Timed up and go test, Multi-directional reach testの比較検討 – The Kitakanto Medical Journal :58: 357-358, 2008.
  7. 佐藤 江奈. 大腿切断患者によるスノーボード挑戦. 理学療法群:13: 73-76, 2002.