群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

臼田 滋
うすだ しげる 臼田 滋 Shigeru Usuda リハビリテーション領域 基礎保健学ユニット E-mail

現 職
群馬大学医学部保健学科 教授

資 格
理学療法士

所属学会
日本理学療法士協会、理学療法科学学会、日本リハビリテーション医学会、日本老年医学会、日本体力医学会、日本公衆衛生学会、日本小児保健学会、日本リハビリテーション連携科学学会、日本医学教育学会

コメント

基本的動作能力について、三次元動作解析装置や加速度計などを用いた基礎的な研究や臨床で使用できる評価尺度の開発を研究しています。また、神経系障害のバランス、健康関連体力、転倒、社会参加などに関する研究にも取り組んでいます。

▌教育と研究

研究内容
  1. 臨床評価指標の開発に関する研究:理学療法の臨床において、標準化された評価指標を活用することが重要です。信頼性、妥当性を備えた評価指標の開発や有効性の検証を行っています。
  2. 機能的制限に対する理学療法に関する研究:起き上がり動作、立ち上がり動作、歩行などの機能的制限について、三次元動作解析や加速度計などを使用したバイオメカクニクスの解析や、理学療法介入の有効性などを検討しています。
  3. 障害構造の分析に関する研究:機能障害、活動制限、参加制約の状況や、背景因子を含む障害構造について検討しています。
教育業務

学部教育

保健学科理学療法学専攻の学生に対し、理学療法の講義・実習を行っています。

大学院教育

(前期課程:基礎理学療法学特別研究)

前期課程において、主に神経系理学療法に関連した専門的知識・技術を教授しています。

(後期課程:基礎リハビリテーション学特別研究)

後期課程において、主に神経系理学療法を中心に、研究の実践や論文作成などを教授しています。

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

附属病院リハビリテーション部の臨床に参加し、主に神経系疾患の理学療法を行っています。

地域・国際貢献

群馬県理学療法士会理事、群馬神経系理学療法研究会幹事として、研修会の企画・運営等を行っています。

▌業 績

  1. 田村俊太郎、臼田滋、朝倉智之:運動学習における運動イメージ能力と結果の知識が及ぼす影響、理学療法群馬 30:15-23、2019
  2. 岩村佳代、長谷川信、風間大輔、細谷恵子、臼田由美子、鈴木真海、櫻井綾美、釼持嘉彦、榊原清、櫻井ちひろ、篠崎典恵、丸橋俊弘、臼田滋:群馬県における重症心身障害児(者)に対する呼吸管理と理学療法の現状、理学療法群馬 30:8-14、2019
  3. 千田大貴、山田聖一、臼田滋:テント上脳出血例における発症時血腫量と患者の状態との関連性の検討、理学療法群馬 30:1-7、2019
  4. Ohzuno T, Usuda S: Cognitive-motor interference in post-stroke individuals and healthy adults under different cognitive load and task prioritization conditions, J. Phys. Ther. Sci. 31: 255-260, 2019
  5. Miyata K, Hasegawa S, Iwamoto H, Otani T, Kaizu Y, Shinohara T, Usuda S: Structural validity of Balance Evaluation Systems Test assessed using factor and Rasch analyses in patients with stroke. J. Phys. Ther. Sci. 30 : 1446-1454, 2018
  6. 萩原 晃、 宮澤 佳之、 朝倉 智之、 臼田 滋:歩行開始動作とステップ動作における 先行随伴性姿勢調節の比較、理学療法科学 33(5):811-815、2018
  7. 木幡亜希子、土橋邦生、清水立矢、和田直樹、 高橋和宏、萩原晃、臼田滋:脳卒中ケアユニットにおける合併症の発症に関連する要因の検討、理学療法群馬 29:112-19、2018
  8. Miyata K, Kaizu Y, Usuda S: Prediction of falling risk after discharge in ambulatory stroke or history of fracture patients using Balance Evaluation Systems Test (BESTest). J. Phys. Ther. Sci. 30 : 514-519, 2018
  9. 朝倉智之、坂本雅昭、山路雄彦、山上徹也、中澤理恵、久留利菜菜、渡邊秀臣、土橋邦生、臼田滋:理学療法学専攻カナダ研修についての報告、群馬保健学研究 38:167-170、2018
  10. 岩本紘樹、臼田滋 :健常者の座位リーチ動作における目標物の位置が手の運動軌道と体幹運動に与える影響、理学療法科学 33(1):7-12、2018
  11. 宮澤佳之、朝倉智之、臼田滋:異なる身体部位に取り付けた加速度計により測定した静的立位姿勢動揺の妥当性の検討、理学療法科学 32(6):923-927、2017
  12. 大角哲也、原田亮、臼田滋:健常若年成人における認知課題の難易度および課題の優先順位付けの違いによる二重課題の戦略への影響、理学療法科学 32(6):917-921、2017
  13. 秋山裕樹、朝倉智之、臼田滋:ステップ動作における単純反応時間と選択反応時間の分析、理学療法科学 32(6):783-786、2017
  14. 朝倉智之、臼田滋:地域在住高齢者における Sit-to-Walk task の fluidity と 年齢および介護保険認定の関連、理学療法科学 32(4):493-496、2017
  15. 長谷川智、幸地大州、臼田滋:回復期リハビリテーション病棟入院患者における Balance Evaluation Systems Tes(BESTest)、Mini- BESTest、Brief-BESTest の歩行自立判定の精度の検討、理学療法科学 32(4):477-481、2017
  16. Takeuchi N, Takezako N, Shimonishi Y, Usuda S: Effects of high-intensity pulse irradiation with linear polarized near-infrared rays and stretching on muscle tone in patients with cerebrovascular disease: a randomized controlled trial. J. Phys. Ther. Sci. 29 : 1449-1453, 2017
  17. 宮田一弘、篠原智行、臼田滋:脳卒中者におけるBalance Evaluation Systems Test (BESTest)のセクションの歩行能力との関連性、理学療法学 44(3):190-196、2017
  18. 朝倉智之、臼田滋、坂本雅昭、山路雄彦、中澤理恵、久留利菜菜:群馬大学医学部保健学科理学療法学専攻卒業生の継続学習状況と大学への要望から検討した継続教育、群馬保健学紀要 37:11-20、2016
  19. Asakura T, Miyazawa Y, Usuda S: The validity of an accelerometer-based method for estimating fluidity in the sit-to-walk task in a community setting. J Phys Ther Sci 29: 133-137, 2017
  20. 朝倉智之、浅川康吉、高橋麻衣子、李範爽、中澤理恵、勝山しおり、山路雄彦、今井忠則、外里冨佐江、臼田滋:理学療法学専攻・作業療法学専攻学生に対する卒業生による研修会がキャリア意識に与える影響、理学療法群馬 27:10-15、2016