群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

金泉 志保美
かないずみ しおみ 金泉 志保美 Kanaizumi Shiomi 応用保健学ユニット 看護学領域 E-mail

現 職群馬大学大学院保健学研究科 教授資 格保健学博士、看護師、保健師所属学会日本看護科学学会、日本小児看護学会、日本公衆衛生学会、日本在宅ケア学会、北関東医学会、日本小児保健協会コメント医療依存度の高い子どもの在宅療養へ向けての支援や、在宅療養中の子どもと家族のQOL向上のための支援に関する研究に取り組んでいます。
また、乳幼児期の生活リズムと健康問題をテーマとした健康教育を手がけてきています。

▌教育と研究

研究内容
  1. 医療的ケア児の地域移行・地域支援に関する研究
  2. 慢性疾患や障害をもつ子どもの在宅ケアに関する研究
  3. 保育所等における子どもの健康支援に関する研究
教育業務

学部教育

生涯人間発達学、母子看護学総論、小児看護学方法論、小児看護学方法論演習、小児看護学実習、チームワーク実習、看護専門外国語、臨床小児発達論、家族看護論 ほか

 

大学院教育

小児看護学特論、小児看護学演習、慢性看護学特論、小児・AYA・希少がん看護学 ほか

▌臨床業務、地域・国際貢献

地域・国際貢献

群馬県小児等在宅医療連絡協議会委員

群馬県看護協会 群馬県小児等在宅医療連携拠点事業検討部会委員

群馬県医療的ケア児等コーディネーター養成研修実行委員会委員

群馬県看護協会小児の訪問看護研修講師

IPE Training Courseの企画運営(群馬大学多職種連携教育研究研修センター(WHOCC)室員)

▌業 績

  1. Chieko Akuzawa, Chiharu Aoyagi, Daisuke Machida and Shiomi Kanaizumi. Changes in awareness and knowledge as a result of training on initial response to anaphylaxis in children with food allergies in nursery schools: An assessment of differences according to facility and employee characteristics. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunology 34(2):231-242, 2020
  2. 松崎奈々子、金泉志保美、阿久澤智恵子、青栁千春、佐光恵子:在宅で生活する障害児の通所支援に関する文献検討―看護職に焦点を当てて―.日本小児看護学会誌 28:220-227,2019
  3. Shiomi Kanaizumi, Chieko Akuzawa, Chiharu Aoyagi, Takatoshi Makino, Keiko Sakou.:Current State of and Difficulties Recognized by Nurses Concerning Accepting Technology-dependent Children at Nursery Centers.群馬保健学研究 39:1-9, 2019
  4. 久保仁美、今井彩、松崎奈々子、阿久澤智恵子、柏瀬淳、金泉志保美、佐光恵子:NICU看護師がとらえた退院支援における多職種連携の成果と課題.日本小児看護学会誌28:1-9.
  5. 今井彩、久保仁美、松崎奈々子、金泉志保美、佐光恵子:A県内のNICU看護師のFamily-Centered Care(FCC)の実践と課題―看護師のインタビュー調査から―.日本小児看護学会誌 28:27-34,2019
  6. Chieko Akuzawa, Shiomi Kanaizumi, Keiko Sakou.:Evaluation of a training program on initial actions against anaphylaxis in children with food allergies in nursery schools. The Japanese Journal of Pediatric Allergy and Clinical Immunology 32(4):674-689, 2018
  7. 金泉志保美、佐光恵子:地域で生活する医療的ケアを要する子どもにかかわる相談支援専門員の行う家族支援. THE KITAKANTO MEDICAL JORNAL 68(4):225-232,2018
  8. 久保仁美、今井彩、阿久澤智恵子、松崎奈々子、佐光恵子、金泉志保美:NICU入院児の母親への退院支援に対する熟練看護師の認識. 日本小児看護学会誌 27:18-26,2018
  9. Shiomi Kanaizumi, Chiharu Aoyagi, Chieko Akuzawa, Hatsumi Kuroiwa, Kyoko Shimoyama, Yukie Maruyama, Kyoko Tamura, Keiko Sakou: Healthcare support by a Yogo teacher at a school for special needs education who experienced the Great East Japan Earthquake. Health Emergency and Disaster Nursing 4(1):66-73,2017
  10. Chiharu Aoyagi, Shiomi Kanaizumi, Kumiko Shikama, Keiko Sakou:Subjective experiences of a yogo teacher with referece to health support activities carried out in the first year after the Great East Japan Earthquake: A case study based on a narrative approach. JAPANESE JOURNAL OF PUBLIC HEALTH 64(2):78-84,2017
  11. 阿久澤智恵子、青栁千春、金泉志保美、佐光恵子:アドレナリン自己注射薬(エピペン)を持参する子どもの受け入れに対する保育所(園)職員の困難感.小児保健研究 76(3):224-232,2017
  12. Shiomi Kanaizumi, Mitsuko Ushikubo:The Decision-Making process of Parents Choosing Home Care for Technology-Dependent Children and Related Factors. Austin Journal of Nursing & Health 3(2):1031,1-7,2016
  13. 松崎奈々子、阿久澤智恵子、久保仁美、今井彩、青栁千春、下山京子、佐光恵子、金泉志保美:小児の訪問看護の際に訪問看護師が行った他機関・多職種との連携. 日本小児看護学会誌 25(2):31-37,2016
  14. 松崎奈々子、阿久澤智恵子、久保仁美、今井彩、青栁千春、下山京子、佐光恵子、金泉志保美:訪問看護ステーションにおける小児の受け入れの現状と課題. 日本小児看護学会誌 25(1):22-28,2016
  15. 阿久澤智恵子、金泉志保美、青栁千春、佐光恵子:食物アレルギー起因のアナフィラキシーに対する保育職員・学校職員・保護者の対応能力の現状-システマティック・レビュー-.小児保健研究 75(2):165-175,2016