群馬大学 大学院保健学研究科 医学部保健学科

本文ヘジャンプします"
  • キャンパスマップ
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • アクセスマップ
  • 日本語
  • English

保健学科について / 保健学研究科について

プロフィール 教育と研究 臨床業務、地域・国際貢献 業 績

▌プロフィール

國清 恭子
くにきよ きょうこ 國清 恭子 Kunikiyo Kyoko 応用保健学ユニット 看護学領域

現 職
群馬大学大学院保健学研究科 講師

資 格
保健師、助産師、看護師、修士(保健学)

所属学会
日本助産学会、日本母性看護学会、日本母性衛生学会、日本看護科学学会、日本看護研究学会

コメント

母性看護学・助産学を担当しています。臨床や教育で活用できるような出産体験の意味づけや、出産体験の振り返り支援に関する研究を行っていきたいと思っています。また、群大附属病院においては母性看護外来で妊娠・出産・子育てにかかわる悩みや不安に関する看護相談を行ってます。

▌教育と研究

研究内容

出産体験の内容や意味づけに関する研究や、出産体験の振り返り支援に関する研究を行っており、母親支援に関わる看護職が出産体験の振り返り支援を実践できるようなツールの開発や教育プログラムの開発を目指しています。また妊産婦の身体感覚に関する研究も行っています。

教育業務

学部教育

母性看護学方法論演習、母性看護学実習、助産診断・技術演習Ⅰ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ、助産・助産管理実習、卒業研究など

 

 

大学院教育

母性看護学特論Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ、母性看護学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲなど

▌臨床業務、地域・国際貢献

臨床業務

群馬大学医学部附属病院看護部と群馬大学医学部保健学科教員による看護専門外来の「母性看護外来」において、外来における看護相談(看護カウンセリング)や、入院中の妊産婦に対する病棟ラウンドによる看護相談を行っています。

▌業 績

  1. 國清恭子, 坂入和也, 辻村弘美他:看護学基礎教育における1~4年次までの積み上げ方式による在宅ケアマインド養成, 群馬保健学研究, 38, 153-157, 2018.
  2. 國清恭子,中島久美子,阪本忍,荒井洋子,長岡由紀子,常盤洋子:生活圏に医療機関のない女性の妊娠期におけるセルフケアに関する後方視的研究,The Kitakanto Medical Journal,58(2),173-182,2008.
  3. 國清恭子,齋藤やよい:コントロール感覚からみた産褥早期の母親の出産体験の分析,日本看護研究学会雑誌,30(1),67-77,2007.
  4. 國清恭子,水野治久,渡辺尚,常盤洋子:人工妊娠中絶を受ける女性の援助不安と心のケアに関する研究,The Kitakanto Medical Journal,56(4),303-312,2006.
  5. 國清恭子,阿部祥子,土江田奈留美,中島久美子,常盤洋子:育児期の母親の出産体験と心理的健康に関する研究,The Kitakanto Medical Journal,54(2),125-135,2004.